固定薬疹テテイヤクシン

固定薬疹はどんな病気?
ある特定の薬剤を服用した際に出る薬疹の中に固定薬疹と呼ばれるものがあります。特定の部位に赤みや発疹が出るもので、特徴の一つとして同じ薬剤を服用した、同成分の薬剤を服用したなど、同じ原因が再び加わった際、前回と同じ部位に症状が出る事です。また、症状を繰り返すことでその部位に色素沈着が起きる場合もあり、しっかり治療をする事と同成分の薬剤に気をつけるといった事が大事になります。


固定薬疹の症状
固定薬疹の症状は、身体の特定の部位にのみ、赤みや色素沈着が現れます。同じ薬を服用後、まえに薬疹がでた同じ場所に生じます。比較的できやすいのが、くちびるなどの粘膜や皮膚の移行部です。またこれを繰り返していくうちに薬疹が重症化するケースもあります。紫外線にあたることによって、アレルギー反応が出るものや長期間薬を服用したあと薬疹が現れるものもあります。

固定薬疹の原因
固定薬疹の原因は、特定の薬剤の使用によるアレルギー反応です。内服や吸引、あるいは注射によって体内に薬剤を摂取したとき、その薬剤へのアレルギー反応によって、皮膚発疹の病状を示すようになります。要因となる薬剤としては、解熱鎮痛剤や抗生物質、また、サルファ剤やあるいはバルビタール剤といった薬剤が、アレルギー反応を呼び込む要因になります。

固定薬疹の検査と診断
固定薬疹の検査方法は、ウイルス抗体価の検査などです。また血液検査によって、白血球の数を調査したり、肝臓の機能が正常であるかを検査します。この病気では、原因となっている薬剤を特定する必要があります。そのため、病状が軽減してきた時期に、原因薬剤特定のための貼付試験を行います。肌に薬剤を貼付することによって炎症を起こすかどうかをチェックします。

固定薬疹の治療方法
固定薬疹の治療法は、多くの場合現在服用している薬剤の飲用の停止によって改善される場合が多いです。ですが、その薬剤の飲用の停止によって疾患の再発のある場合は、疾患に該当する専門医に相談し、投薬の種類を変えて貰う必要があります。また、投薬を止めて時間経過しても改善しない場合は、ステロイドなどの投薬を行われる場合があります。

固定薬疹の初診に適した診療科目

固定薬疹の専門外来

固定薬疹に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ