肛門皮垂コウモンヒスイ

肛門皮垂はどんな病気?
肛門皮垂とは、肛門の周辺部分にできた皮膚のたるみのことを言います。この病気の多くは、嵌頓痔核や血栓性外痔核、また裂肛などによって肛門部が一時的に腫れ、その後に腫れた部分が萎縮したあと、しわになって残ったものになります。また、そのなかでも肛門の前方部分にできるものは女性特有で、裂肛が長期間存在したあとや出産後にできます。

肛門皮垂の症状
肛門皮垂とは、肛門部分に皮膚のたるみができ、しわのようになっている症状のことで、肛門部の違和感やべとつき感、かゆみなどがあります。また便がきれいに拭き取りにくいことから、更に違和感や不快な状態は増していきます。そのような状態が続くと、不潔な状態となり、炎症したり、大きく腫れたりして悪化してしまうことも少なくありません。

肛門皮垂の原因
肛門皮垂の原因は、痔を患っている患者に多く見られ、その痔の表皮が一時的に剥がれて萎縮してしまうことで発生する病気です。また、極稀ですがクローン病などの腸疾患や炎症を患っている患者もこの病気になる可能性があります。この病気は女性に多く、要因として妊娠や出産などでの通路の確保を行ったために発病することも多く確認されています。

肛門皮垂の検査と診断
肛門皮垂の検査方法として主に行われるのは主に肛門科医によって行われる診断です。まずは肛門部にある違和感患者さんから伺います、その後べとつきやべんがうまく拭き取れないといった症状が見受けられます。それを確認したら、肛門科医による目視によって肛門付近の皮が垂れていて、肛門部周辺にはれ、腫れの後のたるみなどが見られることを確認します。

肛門皮垂の治療方法
肛門皮垂の基本的治療法はとにかく肛門周囲の皮膚の清潔を保つ事です。軟膏や座薬を使用したり内服薬を使用するななどの一般的な保存療法と共に便通を安定させ、患部に余計な刺激を与えない様に心掛ける事により、多くのケースでは症状は改善されます。こうした保存療法でも効果が現れない場合は外科手術により該当部位を切除し症状を改善させます。

肛門皮垂の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

肛門皮垂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ