腱断裂ケンダンレツ

腱断裂はどんな病気?
腱断裂とは、人体のある部分に急激で過剰な負荷がかかった時に、筋肉と筋肉をつないでいる腱が断裂してしまう現象を意味します。最も多くみられる腱の断裂の場所はアキレス腱であるといわれています。特に飛んだり走ったりするような動作を多くするような特定のスポーツで多く発生することが知られています。準備運動の不足などが影響している可能性もあります。


腱断裂の症状
腱断裂が起こったときには、一般的には激しい痛みが生じます。そのほかに考えられる症状としては、患部の炎症や、発熱などがあげられます。このけがの急性期においては、上記のような現象が強く引き起こされますが、患部を冷やすなどの処置によって緩和することができると考えられています。急性期を過ぎた段階では、安静にしていれば痛みなどは感じにくくなります。

腱断裂の原因
腱断裂が惹き起こされる原因は腱が日々の運動などによって擦り減ったことによる負荷の拡大です。このような要因が最も腱の断裂に最も関連しているとみられ、日常生活においても断裂する可能性があります。また、腱自体が老化することによって断裂が惹き起こされることもあり、40代以上の人は容易に断裂を起こす可能性が高くなる因子を有しています。

腱断裂の検査と診断
人間の間接には腱と呼ばれる部分があって、体を柔軟に曲げたりする役目を果たしています。アキレス腱などの腱断裂の場合の状態を確認する一般的な検査方法としては、レントゲンの検査が一般的です。明らかに腱が断裂している場合は、すぐに治療を施す事になるが、レントゲンで小さい断裂が確認できない時は、CTやMRTなどで詳細の検査を行います。

腱断裂の治療方法
腱断裂が起きた場合には、原則として断裂した腱をつなぎ合わせる再建手術が行われることとなります。軽度の腱の断裂であれば、手術が必要ないケースもありますが、一定以上の断裂が観察される場合には、通常はこのような手術行います。それ以外の治療法として考えられるのは、患部の炎症や腫れ、痛みなどを抑えるための対症療法が基本になります。

腱断裂の初診に適した診療科目

腱断裂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ