mrsa肺炎エムアールエスエーハイエン

mrsa肺炎はどんな病気?
mrsa肺炎とはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌が感染しておこる肺炎です。mrsaは鼻腔や口腔に常在しているため、治療や疾患のために免疫力が低下した患者さんのたんや、咽頭をぬぐった検査液からしばしば緑膿菌とともに発見されます。症状は熱、咳をともないますが血痰や呼吸困難などがみられる場合もあり、早期から呼吸不全やショック、心不全などを併発しやすいです。

mrsa肺炎の症状
mrsaとはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の略語です。各種の抗生物質に対して耐性を持った黄色ブドウ球菌であり、健康な人が感染しても問題はありませんが、抵抗力の落ちた人が肺に感染するとmrsa肺炎となります。症状としては熱や咳、呼吸困難などがみられ重症化すると死に至ります。治療法としては副作用に注意しながらmrsa用の抗菌剤を投与します。

mrsa肺炎の原因
mrsa肺炎「多剤耐性黄色ブドウ球菌肺炎」は、メチシリン耐性ブドウ球菌が感染したことが原因で発症する肺炎です。このメチシリン耐性ブドウ球菌は毒性が低く、健康な方がなることはありません。悪性腫瘍や治療のために免疫力が低下した方が発症します。心臓血管外科の治療によって人工呼吸器を使用していた方や、長期間寝たきりでいる方に発症することが多いです。

mrsa肺炎の検査と診断
mrsa肺炎とは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌が感染して起こる肺炎です。mrsaは、メチシリンにも抵抗性を示すブドウ球菌であるという意味でつけられました。検査方法としては、たんや咽頭のぬぐい液にmrsaがいないかどうかを調べます。症状は、咳、たん、発熱、胸の痛みなどですが、毒性は弱いので健な人は発症しないこともあります。診断されても実際に肺炎の症状がなければ治療の必要はありません。

mrsa肺炎の治療方法
mrsa肺炎とは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌が感染して引き起こされる肺炎のことです。この病気の治療法は、実際に肺炎の症状が見られなければ、特に治療をすることはありません。肺炎の症状があらわれている場合、細菌を培養しその結果をもとに抗菌力のある抗生物質を投与します。製剤と抗生物質を組み合わせることもあります。症状が改善しない時は、バンコマイシン製剤を点滴します。

mrsa肺炎の初診に適した診療科目

mrsa肺炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ