胃腸障害イチョウショウガイ

胃腸障害はどんな病気?
胃や腸に何等かの障害が認められる場合を胃腸障害と言います。胃潰瘍や胃炎、逆流性食道炎と言ったはっきりした病気だけでなく、先天的に胃が弱いケースや、ストレス、アルコールによって胃腸が影響を受ける場合も含まれます。症状は原因によりますが、腹痛、下痢、便秘、嘔吐、食欲不振、胃もたれ、胸やけ、またおならが多いといったものが見られます。


胃腸障害の症状
胃腸障害の症状は、胃炎時のような胃のむかつき、食欲不振、下痢等が多く現れます。また、激しい嘔吐や腹痛等も顕著に現れ、通常これらは複合して現れることが多くあります。アルコールの取りすぎ等の胃もたれ時に起こるものとも良く似ている為、ただの胃疲れや胃もたれと判断してしまう場合も多くありますので、しっかりと診断をすることをお勧めします。

胃腸障害の原因
胃腸障害は、胃や腸が何らかの事由によって正常に機能しない場合があります。最も多く考えられる原因の一つに外部からのストレスがあります。ストレスによって、人間の体内に分泌される物質が胃や腸の神経に影響をもたらします。神経による下痢などの消化不良の症状は日常茶飯事です。その他に、胃や腸の粘膜に炎症が起こったり、潰瘍やがんのケースで障害が起こっています。

胃腸障害の検査と診断
胃腸障害は胃潰瘍や胃炎、逆流性食道炎など胃や腸に起こる不調の事を指します。生まれつき胃や腸が弱い方は不調を起こしやすいのです。また、ストレスなどでも不調は発生します。検査方法は内視鏡や胃カメラを使用します。それほど難しい検査でもありませんから短時間で検査と診断を済ませることが出来ます。胃や腸に負担を掛けないように生活し、病院で処方されたお薬を飲めば解決へと向かいます。

胃腸障害の治療方法
胃腸障害の治療法は、一般的には食事療法、手術などです。アルコールが原因という場合も多く、その場合はお酒を控えること、そして健康的な食事を摂ることが重要な対処法となります。場合によっては治療薬を使ったり、アルコールを飲みにくくするための薬剤を使用します。またストレスが理由で、障害が起きることもあるため、精神療法で効果が出ることもあります。

胃腸障害の初診に適した診療科目

胃腸障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ