鷲手ワシテ

鷲手はどんな病気?
鷲手とは、手が鷲の手のような状態になってしまいます。これは、手が麻痺する事により常に指の間接が曲がった状態になってしまいます。筋肉が萎縮してしまう病気にかかっていたり、脳等の神経系の病気の後遺症を持つ方に多くみられます。手の指をわずかに動かす事が出来る場合もありますが、物を掴んだり細かい作業を行うのは難しいと言えます。見た目にも異常は直ぐに分かります。


鷲手の症状
鷲手は、尺骨神経麻痺から生じる手の変形のことであり、この疾患の症状は、尺骨神経支配の筋萎縮と尺骨神経固有知覚領域である環指・小指の背側と掌側の知覚障害が出現することによって、手内筋の麻痺の影響により、環指・小指のIP関節屈曲位と、第一背側骨間筋の萎縮が生じるために、このような変形が生じてしまうため、物をつまむことも難しくなります。

鷲手の原因
鷲手の原因は、打撲や事故などで強い刺激を手が受けることで手にある末梢神経が麻痺してしまうことです。末梢神経が麻痺してしまい麻痺が手全体に及び手のコントロールが効かなくなり手を正常な状態に保てなくなり不自然な形で固まったようになります。打撲などの他にも末梢神経にダメージが加われば麻痺を起こすので、突然起こる病気なのです。

鷲手の検査と診断
鷲手かどうかを判断する検査方法について説明します。まず、薬指と小指が曲がっていないかどうかを調べます。次に、薬指と小指がしびれていないかどうかを確かめます。しびれを感じる場合は、手の神経が麻痺している可能性があるのでこの病気の可能性があります。さらに、親指と人差し指の間がやせ細っていないかどうかを確かめる方法も有効です。

鷲手の治療方法
鷲手の治療法は神経が完全に切断されていなかったり神経の麻痺が軽度の場合は体力が回復するのを待つことから始まります。体全体の神経の状況を観察し麻痺の程度を調べます。神経の麻痺を抑えるための薬物投与から神経の再生を促すための理学療法が同時進行で行われます。ある程度回復してきて痛みがある場合は、温熱療法で神経痛を抑制します。

鷲手に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ