療養型病床群リョウヨウガタビョウショウグン

療養型病床群はどんな病気?
札幌市の某個人病院はすべての病床が療養型病床群で生活の質の高い医療・介護・看護をしています。各種健康保険が適用されており、保険の一部負担金と最小限の実費負担で利用できます。介護療養型老人保険施設、特別養護老人ホーム、老人保健施設などがあります。ケアマネージャーが利用されます方の心身状態・生活環境・本人・家族の希望を考慮しケアプランを作成していますので安心してサービスが利用できます。


療養型病床群の症状
療養型病床群の症状とは主として長期にわたり療養を必要とするということです。例として、要介護認定された高齢者や慢性期疾患の治療の継続などがあります。この病床群は基本的に退院が難しく、病状の安定ののちにも長い間リハビリや介護などを病院において継続していく必要があるというものです。手術などを行うのではなく、療養によって治癒していくという方針が基本です。

療養型病床群の原因
現在医療施設機能を体系化することを目的としています。行政はそのような動きを見せています。平成9年には主に長期間に渡る療養を必要とする患者さんを収容することを目的とした施設累計を療養型病床群と名前をつけ体系付けることにしました。そのようなものを必要とする原因としては今後の高齢化社会に際して長期の治療を目的とする人たちが増えてると予測されているからです。

療養型病床群の検査と診断
療養型病床群とは長期療養を必要とする患者を収容することを目的とした一般病床です。検査方法で病気が悪化したなど調子が悪化した場合など別室で療養をしなければならない時によく使います。また体調の変化などで症状が悪化した場合などが原因とされています。快適に安心していただくことが一番の治療とされており、連携を緻密にし自立に向けた援助を行っています。

療養型病床群の治療方法
療養型病床群というのは、治療方法ではなく、施設のことを指します。施設内での治療法は、医療型と介護型があります。施設を長期的に使用する場合は、大抵は介護型になります。在宅での介護が難しい場合、あるいは老人ホーム以上の介護性が必要な場合に利用されることが多くあります。施設内には、食堂、浴槽、そのほか介護のための訓練室があります。

療養型病床群の初診に適した診療科目

療養型病床群の専門外来

療養型病床群に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ