モンテジア骨折モンテジアコッセツ

モンテジア骨折はどんな病気?
モンテジア骨折とは前腕にある橈骨の骨幹部の骨折のことです。主な症状一般的な骨折の症状と同じで、腕が赤く膨れ上がります。すぐに対処をすれば問題ありません。主な原因は小さな子であれば転倒した際に手を付いて骨折をします。大人であれば大きな骨への負担で骨折します。突然の事故などにより骨折をしてしまった場合はすぐに近くの病院へ行って治療をすると良いです。


モンテジア骨折の症状
モンテジア骨折の症状は、前腕の尺骨を骨折すると同時に、筋肉に引っ張られたとう骨頭が脱臼を起こしているので、脱臼したとう骨頭が神経や血管を圧迫することにより、指先に麻痺や近く鈍麻などが起こることがあります。きちんと治療すれば後遺症が残る可能性は低いが、とう骨、尺骨の長さが変わることにより手関節の可動域制限が起こる可能性があります。

モンテジア骨折の原因
モンテジア骨折の原因は、打撃や転倒により、尺骨の骨折と橈骨の脱臼が引き起こされるものです。転倒などによって腕を地面に強く突くと、腕の中で尺骨と橈骨が強制的に回内運動を起こします。その時に、尺骨は橈骨と強く衝突して骨折し、その衝撃が元になって橈骨は橈骨頭が脱臼してしまうことになります。この複合的な骨折と脱臼が病状を発症させます。

モンテジア骨折の検査と診断
モンテジア骨折では、尺骨骨折とともに橈骨頭脱臼を見逃さないことが診断の決め手となります。そのため、検査方法としてレントゲン等の画像を撮影する際には、骨折部の他に肘も撮影しておく必要があります。橈骨脱臼を見逃すと、肘の可動域制限や橈骨と尺骨長の不均衡から手関節に後遺症の残る可能性もあるため、画像での検査が重要となります。

モンテジア骨折の治療方法
モンテジア骨折は別名モンテジア脱臼骨折ともいい、尺骨骨幹部の骨折と同時に橈骨頭の前方脱臼を生じます。治療法としてはまず患部を正しい位置に戻してしっかり固定し骨折箇所の癒合を促します。子供の場合は保存療法も有効ですが成人では手術が必要になるケースが大半です。骨折部の整復の後、プレートと骨ネジで折れた尺骨を固定します。また手術安静後の手や肩を動かすリハビリテーションが重要です。

モンテジア骨折の初診に適した診療科目

モンテジア骨折の専門外来

モンテジア骨折に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ