フロッピーインファント

フロッピーインファントはどんな病気?
フロッピーインファントとは、乳幼児(インファント)のように、筋肉がやわらかくぐにゃぐにゃになる(フロッピー)病気です。正常なこどもより、くびが座る、歩行、お座り、などの発育が遅れ、特異な姿勢をとったりします。特別な治療法はなく、運動発達を促進するために、ストレッチ体操や訓練などを行うことが重要になってきます。抵抗力も弱いので、健康管理には注意が必要です。


フロッピーインファントの症状
フロッピーインファントでは、運動能力の発達遅滞をはじめ、著しい筋の低緊張により、抱いた時に通常よりも柔らかく感じるほど身体に力が入らない、起こしても首が据わらずに後ろに倒れてしまうなど、体幹がしっかりしていないことで起こる症状が現れます。こうした兆候を見逃すと、将来的に関節拘縮など、何らかの関節異常を来す恐れがあります。また、時々、知的障害を誘発するケースもみられます。

フロッピーインファントの原因
フロッピーインファントの原因は、神経の病気や染色体異常によって引き起こされます。脳や脊髄、末梢神経、あるいは筋肉や神経とのお互いの接合部分に何らかの病因がある場合などに、この病状が引き起こされます。元になる疾患としては、筋ジストロフィーや先天性ミオパチー、あるいは重症筋無力症などのような病気によって幼児の病状を発症させます。

フロッピーインファントの検査と診断
フロッピーインファントの検査方法は、染色体異常の有無、腱反射の有無の確認のほか、血液検査による血中のクレアチンキナーゼ、GOT、GPT、乳酸、ピルビン酸などの値の検査を行います。また、必要に応じて頭部MRI、筋電図検査なども実施します。最終診断を下すためには、上腕部や大腿部の筋組織を採取して筋生検を行います。脳性麻痺や重症筋無力症、先天性筋ジストロフィーなどと区別するため、詳細な診察が必要です。

フロッピーインファントの治療方法
運動機能と筋力を発達させるためにリハビリや訓練を受ける事で、フロッピーインファントの症状を緩和させる事が出来ます。ストレッチ体操を利用した治療法で、筋肉の異常の発生を予防することが出来るだけでなく、体の成長を促進することが出来るというメリットがあります。規則正しい食事をすることで、抵抗力の低下の症状を治すことが出来ます。

フロッピーインファントの初診に適した診療科目

フロッピーインファントに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ