頸椎椎間板ヘルニアケイツイツイカンバンヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアはどんな病気?
椎間板ヘルニアは、背骨を形成する骨である椎体の間の、椎間板と呼ばれるクッションがあり、この椎間板の中にある髄核というゼリー状の物が、椎間板にヒビが入ることで外に漏れ出て、髄核が神経を圧迫し傷みが出る病体です。椎体は数個の骨が重なって形成されており、人間の後弯部分である頸椎と腰椎に起こると痛みがおきやすく、頸椎に起こるのが頸椎椎間板ヘルニアというものです。


頸椎椎間板ヘルニアの症状
頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎にある椎間板と呼ばれる部分が潰れたり擦り減り、骨と骨のクッションの役割が果たせなくなることにより、様々な症状を引き起こす病気です。首が動かせなくなるような痛みで始めることが多いのですが、首だけでなく肩や背中にも痛みが現れる場合もあります。重度の場合、頭痛やめまい、下半身にまで及ぶと歩行障害を起こすことがあります。

頸椎椎間板ヘルニアの原因
頸椎椎間板ヘルニアの原因は怪我や事故などによる大きな外傷性のものでない限りは、ひとつの特定の事象がもととなって発症するものではありません。忘れてはならない事は遺伝的な要因も大きく関係しているということです。加齢による身体の老化や職業による身体の使い方、くせなどともありますが、遺伝の場合はふだんの生活にはほとんど関係がありません。

頸椎椎間板ヘルニアの検査と診断
頸椎椎間板ヘルニアの検査方法は、問診を重要し、腱反射異常や知覚障、筋力低下等の、どの神経が壊れているかを調べます。レントゲン所見では、頸椎のずれ等の不安定性、骨棘(骨の棘)、軟骨の磨り減り、椎間板のつぶれ、脊柱管狭小等を調べます。検査は、診察所見とレントゲンで判断は出来ますが、詳細な検査を行うためには、MRIが必要になります。

頸椎椎間板ヘルニアの治療方法
頸椎椎間板ヘルニアの治療法は、一定期間保存療法を続けて、効果がなければ、手術療法を行うのが一般的です。まず消炎鎮痛剤、筋弛緩剤、湿布等の痛みをやわらげる薬が処方され、リハビリとして、低周波治療、温熱療法、牽引などが行われます。症状が進行し、日常生活に不便を感じるようでしたら、医師と相談の上、神経等を圧迫している椎間板を削り取る手術をします。

頸椎椎間板ヘルニアの初診に適した診療科目

頸椎椎間板ヘルニアの専門外来

頸椎椎間板ヘルニアに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ