狭窄性腱鞘炎キョウサクセイケンショウエン

狭窄性腱鞘炎はどんな病気?
狭窄性腱鞘炎とは、親指を伸ばす動きをする単母指伸筋腱と、広げる動きをする長母指外転筋腱とが、腱鞘内で炎症を起こすことによって起こります。手に慢性的な刺激が与えられるなど、手を酷使することが原因となります。スポーツマンに多く発症し、腱が変性することによって老人にも起こります。また、ホルモンの異状によっても発症しやすいのが特徴です。


狭窄性腱鞘炎の症状
狭窄性腱鞘炎の症状は、指が腫れたり指が上手く動かせなくなる、または動かすとするどい痛みが走るなどということがあります。ほかにも指をぴんと伸ばそうとすると、何かに引っかかるような突っ張りがあるということもあります。主に起こるのはやはり痛みで、我慢できないほどではないが、じわじわと痛んでくるといった患者が多くなっています。

狭窄性腱鞘炎の原因
狭窄性腱鞘炎の原因は、手や指の使いすぎです。手や指を頻繁に使うことによって、腱と腱鞘がこすれる回数も増加し、発症しやすくなります。手や指に圧力のかかるスポーツのしすぎなどが大きな要因となります。その他にも、結核や細菌からの感染症、慢性関節リウマチなどに起因して起こる場合もあります。また、女性ホルモンのバランスの乱れなども要因となると考えられています。

狭窄性腱鞘炎の検査と診断
狭窄性腱鞘炎の検査方法については、通常の腱鞘炎と同じように、まずは患部を視診、触診することで、その腫れ及び炎症の程度、そこに刺激を与えた時の痛みの程度を調べます。次に患者に握りこぶしを作らせて、手首を各方向に動かすことで、痛みの出るポイントを探ります。体の外側に曲げたときに痛みが出た場合、陽性反応と考えられるので、更にレントゲン撮影及び血液検査を行って精密に調べることもあります。

狭窄性腱鞘炎の治療方法
狭窄性腱鞘炎とは、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が親指側で腱鞘が肥圧して狭くなった病気です。この病気の治療法は、非ステロイド性の鎮痛消炎剤や湿布剤により炎症、痛み、腫れなどの症状を緩和させる治療を行います。また局所の安静を維持するために、副木をあてて固定する場合もあります。これらの治療で治らない場合は、腱鞘を切り離して腱を開放する手術を行います。

狭窄性腱鞘炎の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

狭窄性腱鞘炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ