アキレス腱断裂アキレスケンダンレツ

アキレス腱断裂はどんな病気?
アキレス腱断裂と言う病気は、激しいスポーツなどの運動の際に怪我をして入院します。病気の内容は、無理な運動によって足の下にあるアキレス腱を切ってしまう病気であって、歩けなくなる病気です。アキレス腱を切ったら、即座に足を板などで固定して入院しなければならない事です。アキレス腱を元通りに戻す場合は、入院での治療期間が平均して6週間がかかります。


アキレス腱断裂の症状
アキレス腱断裂は、スポーツにおいてまた外傷により引き起こされる病気でアキレス腱が突然切れ激痛が走る症状です。歩行は何とかできるレベルで、歩くだけでも痛みを伴う場合が多いのです。リハビリ方法は、手術治療と保存治療の二種類がありますが、早期のリハビリを行えばどちらの治療を行っても回復に大きな差はみられないと言われています。

アキレス腱断裂の原因
アキレス腱断裂の原因は、突然の屈曲や進展、あるいは外から強い力が加わることによるものです。腱は、老化により柔軟性を失っていきます。柔軟性の乏しい状態での腱に急激な力を加えると、腱の組織がその力に耐え切れずに断裂します。また、老化の他にも、過度なスポーツなどの度重なる疲労が加わった場合に、腱の柔軟さが失われて断裂します。

アキレス腱断裂の検査と診断
アキレス腱は急激な運動などによる収縮現象が起きた際にアキレス腱断裂が起きることがあります。検査方法としては当人の激しい痛みから診断されることもありますが、断裂した箇所に陥凹が見られることから腱自体を診断することができます。又、X線検査やMRI検査によってアキレス腱の状態を把握していき、処置方法を確立させることもあります。

アキレス腱断裂の治療方法
アキレス腱断裂の治療法には手術とリハビリテーションが含まれます。手術では断裂したアキレス腱を縫合糸で縫い合わせます。この部分が一定の強度を持つまでは、アキレス腱に体重をかけないようにする必要があります。手術後のリハビリテーションでは、アキレス腱の強度を保ちながら筋肉の萎縮・筋力低下を防ぎ、可動域制限を最小限にすること求められます。

アキレス腱断裂の初診に適した診療科目

アキレス腱断裂の専門外来

関連部位から他の病名を探す

アキレス腱断裂に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ