変形性膝関節症ヘンケイセイヒザカンセツエン

変形性膝関節症はどんな病気?
変形性膝関節症とは、何かの理由で筋力が低下したり、肥満や加齢などによって関節の機能が低下し、膝の軟骨や半月板がうまく噛み合わなくなったり、変形や断裂を起こした結果炎症を起こす病気です。膝の関節の衝撃を吸収する役割を果たす膝軟骨と半月板が徐々にすり減って行くことで起こるものを一次とし、膝の怪我などで起こるものを二次としています。


変形性膝関節症の症状
変形性膝関節症の初期は膝に違和感を覚える程度ですが、症状が進行すると痛みがはっきりと自覚できるようになり階段の上り下りも辛く、膝が曲がらないまたは伸びきらない状態になってきます。中期では骨が変形し炎症を起こしているために、膝に水が貯まったり膝周辺が腫れたりします。末期になると骨の変形がかなり進み、日常生活に影響が出るほどの痛みが出るようになります。

変形性膝関節症の原因
変形性膝関節症は膝の関節部分の軟骨がすり減った事が原因で発生する病気です。軟骨がすり減る事で炎症が起こり膝関節に関節液とよばれる水が大量に発生します。その大量発生により関節液内のヒアルロン酸の濃度が低下します。ヒアルロン酸は関節部分の潤滑油の役割をしており、濃度が低下する事で関節の動きが悪くなり骨同士が接触するようになります。

変形性膝関節症の検査と診断
変形性膝関節症の一般的な検査方法は、問診、視診、触診、レントゲン検査です。問診では、どれくらい症状が続いているのか、症状の程度などを確認します。視診と触診で、実際の曲げ伸ばしの具合や関節の安定性を確認します。レントゲン検査では、膝関節を構成する、大腿骨、脛骨、膝蓋骨の3つの骨の状態について、形や変形の程度などを詳しく見ます。

変形性膝関節症の治療方法
変形性膝関節症の治療法では、 大きく分けて二つの療法があり、保存療法と手術療法です。保存療法では痛みに対し安静、湿布、塗り薬、足底装具、膝サポーター、痛み止めの内服薬などを使った治療をします。膝の関節に関節液が溜まって痛みの元なってる場合には注射器で除去します。手術では軽症の場合には、炎症を生じた関節内の滑膜切除などを行い、重症の場合は人工膝関節手術が行われます。

変形性膝関節症の初診に適した診療科目

変形性膝関節症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

変形性膝関節症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ