空笑クウショウ

空笑はどんな病気?
空笑はどのような時に生じるかといいますと、統合失調症、いわゆる、精神分裂症の症例の一つです。統合失調症の場合、幻聴が生じていて、その幻聴と対話をしているために独り言を話すことが特徴で、その一環で、起きる症状です。周りからは、理解されにくい症状で気味悪がられる症状の一つです。しかし、統合失調症だけでなく、現代病の中にもおなじような症例になる場合もあります。


空笑の症状
空笑の症状とは、まず誰とも会話をしていないのに一人で笑っています。テレビや漫画本を見ている訳でもなく、一人で笑うのです。これは周囲からみれば少し不気味な光景でもあります。しかし本人は頭の中に聞こえる幻聴と会話している状態を作りだし会話している状態になっているのです。ぶつぶつと一人言を言いながら笑っている状態や、パソコンや人形、物にも話しかけたりします。

空笑の原因
空笑の原因とは、まず精神の異常を疑われます。一人言をぶつぶつ言いながら笑っていると言う事は、幻聴や幻覚が見えている事が考えられます。これは統合失調症の症状にもよくある事で精神が分裂してしまっている場合に良く起こる行動です。社会になかなか馴染む事が出来ず、人間関係にストレスを覚え次第に自身の空に閉じ籠り、不安や恐怖から精神に異常が現れてしまうのです。

空笑の検査と診断
意味もなく一人で笑っている場合は、空笑という症状と判断されるケースがあって、いわゆる統合失調症の一つです。その検査方法として、精神科で精神の専門医による様々な質問を問いかけたり、動作などが専門医の言われたとおりになるかどうかの検査を行います。検査の判断に関しては、正常な行動をしなかったり、意味不明な言葉を繰り返す場合は異常と判断されます。

空笑の治療方法
空笑の治療法とは、まず精神科で様々な問診を行います。そこで精神的な病だと診断された場合は、精神安定剤を処方されます。これは精神を安定させて、患者から恐怖や不安を取り除き、幻聴や幻覚を見えないようにする効果があります。そして医師が様々なアドバイスを行います。仕事を持たない患者の場合は、薬を服用しながらの社会復帰を進めます。この病気治す鍵となるのはやはり患者自身の努力が必要になります。

空笑の初診に適した診療科目

空笑の専門外来

空笑に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ