虚偽性障害キョギセイショウガイ

虚偽性障害はどんな病気?
体にはどこも悪いところはないのに、極度の孤独感や見捨てられ感から周囲の関心を引く為に嘘の病状を訴えるのが虚偽性障害です。学校を休みたいから仮病を使うとか、生活保護を受ける為に詐病するなどと違い、自身の体を傷つけてでも入院しようとしたり、手術をしてもらいたがったりする深刻なケースが多く、精神疾患のひとつとして精神科では治療対象として捉えられています。


虚偽性障害の症状
虚偽性障害とは、境界例をもつ人がなりやすく、周囲の人の同情ややさしさを得るために、あるいは孤独感や寂しさを癒すために、嘘をついて病気のふりをする病気のことです。この症状は単なる仮病や詐病とは大きく異なり、「あなたはそこまでやるのか」(例えば尿検査の時に糖尿病だと偽るために、尿に砂糖をまぜるなど)というレベルのことを目的のために平気で行うことがあります。

虚偽性障害の原因
虚偽性障害の原因には、現実逃避や自己防衛、トラウマ、幼少期の家庭環境が推定されています。例えば、親子間の関係が希薄であった時に、病気になれば優しくしてもらえた経験があれば、病気になることによって愛情が得られると心が覚えてしまうケース、逆に溺愛されていた子ども時代を送っていて大人になって関心が希薄になると、愛情を求めて病気のフリをするケースもあります。

虚偽性障害の検査と診断
虚偽性障害とは病気を装うことで検査方法は精神疾患や身体的疾患があるかどうかを検査します。検査結果にとくに異常がない場合はこの病気と診断されます。症状は空想とうそです。症状が強くなると抑うつ、幻覚、寄異的行動などもあらわれます。 過去に虐待を受けていたり現実からの逃避をしたいなどが原因となっています。治療法は特にありません。意味のない検査や試験開腹などはしないことが大事です。

虚偽性障害の治療方法
虚偽性障害の治療法は、現代医療では確立されていません。カウンセリング、職場環境や対人関係の変化などで治ることはあり、治療が必要な当人の意識改善が必要な場合が多いです。自己防衛が理由の場合もあるため、立場に変化があると改善が見込める可能性があります。また人によってはトラウマの影響でかかっているため、トラウマを払拭する必要があります。

虚偽性障害の初診に適した診療科目

虚偽性障害の専門外来

虚偽性障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ