圧痛アッツウ

圧痛はどんな病気?
圧痛とは、病気というより医師の診察の際に用いられる触診の一つであり、自覚症状で言うならば、押さえると痛みを伴っていることをいいます。医師が診察の際に、患者本人が痛みを感じている部分を押さえたり、考えられる疾患部位を押さえて、腫れがないか、異物がないか、押さえた場合の痛みの度合いはどうかなど触診にて診断を行っていきます。


圧痛の症状
圧痛とは、違和感を感じる部位などを、自分で押さえたり、他人に押さえられると、痛みを感じる症状のことです。そのように感じる部位は、体全身にみられることで、どこかにぶつけて青あざができて痛かったり、腹部などに腫瘍ができていて、それに触れた場合が痛かったりと、状況は様々ありますが、長期間続いたり、痛みがひどくなるようであれば早めに受診した方が良いです。

圧痛の原因
圧痛の原因は、何かで圧迫することにより起こります。押された場所の皮膚や筋肉、皮膚の中にある組織などに、もしも炎症やこぶなどがあった場合にのみ、じんわりとした痛みが発生することがあります。またその押された場所の奥にある臓器に、何かしらの異常がある場合にも圧迫されたような痛みを感じたりします。この痛みを感じるときは、どこかに異常があります。

圧痛の検査と診断
検査方法としては触診圧と規定されている。方法は、圧痛点検査、叩打痛検査などがある。叩打痛検査は、険査者が指一本又は指2本、3本を重ねて軽く叩打して行う。この手法はタッピングペインマップと言い、患部の範囲を探すのに非常に適している。この病名の筋筋膜組織及び、靭帯組織の中に出来た疼痛過敏であり。その領域が一つ以上を広範囲化し左右対称的に全身に広がる場合は叩打検査の方がいい。

圧痛の治療方法
圧痛は、危険信号を発信するものであり、その危険信号となっている病を治療することが、主な治療法といえます。治療の過程において、触診方法として使用されることが多いです。痛みのあるところは、何らかの病を発症している可能性があります。状況に合わせて薬物治療、手術などを行う場合もあり、患者の反応と合わせて触診する傾向にはあります。

圧痛の初診に適した診療科目

圧痛の専門外来

関連部位から他の病名を探す

圧痛に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ