腺がんセンガン

腺がんはどんな病気?
腺がんとは、体中の様々な腺という柔毛上の分泌腺にできてしまうガンのことで、肺、胃、大腸、胆管、など多くの体の臓器に発生します。肺に出来るものを肺腺癌と言ったり、子宮に出来るものは子宮ガンの一種として使われる事があります。特に肺と子宮で多く発生するガンとして有名です。通常の肺がんは、喫煙者に良く発生しますが肺の腺癌は非喫煙者でも発生します。


腺がんの症状
腺がんには、初期段階では自覚症状がほとんどありません。進行してくると、咳が続いたり、血痰や喘鳴、息切れなどが起こります。さらに進行していくと胸椎が貯まってきたり、胸部痛や呼吸困難が起こってきます。腕の痛みやしびれ、胸や肩の痛み、顔面や上肢の浮腫が見られる場合もあります。喫煙の習慣に関係なく、女性に発症が多いのが特徴です。

腺がんの原因
腺がんの原因は、喫煙が主なものですが、喫煙以外にも最近の研究によって、様々な要因によってこの病気を発症することがわかってきました。主なものには、女性ホルモンと大気汚染です。女性ホルモンが体内合成に関わる遺伝子とこの病気との関連性が研究によって指摘されており、大気汚染は、汚染された空気の中にがんを引き起こす物質が含有され、知らず知らずのうちに体内に蓄積されて発症するという研究結果が発表されています。

腺がんの検査と診断
癌などは、皆さんほとんどの方が知っている病気の一つだと思いますがこの癌には色々種類がありましてその中の腺がんというのも中にはあります。これも癌の一種でありなってしまう人などが沢山いらっしゃいます。これになってしまったかは病院の健康診断などで発覚することができますので検査方法などは沢山ありますので実際に受けて見ましょう。

腺がんの治療方法
腺がんの治療法は、がんの進行ステージに合わせた治療を行います。早期に発見された場合は、外科療法を取ります。外科療法には開胸して腫瘍を取り除く方法と、腹腔鏡を使用して腫瘍を取り除く方法があります。放射線療法の選択肢もありますが、副作用の危険性を考慮しなくてはなりません。進行してしまった場合は、化学療法がありますが、効果があまり期待できず、近年では免疫療法を主に採用しています。

腺がんの初診に適した診療科目

腺がんの専門外来

腺がんに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ