ベーチェット病ベーチェットビョウ

男女共に発症する可能性があり、初期症状として口腔内に「アフタ」と呼ばれる腫瘍ができ、その後陰部にも同様の腫瘍が出来ます。進行すると目に強い痛みがある、視力の低下、膿が溜まるなどの症状があり、失明してしまうこともあります。片目のみのばあいもありますが、ほとんどは両目に同じ症状があります。その他、手足、肩の関節炎、脊椎、末梢神経が侵されるための麻痺症状、血管の変異などを併発させます。

ベーチェット病の初診に適した診療科目

ベーチェット病の専門外来

ベーチェット病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ