けがケガ

けがはどんな病気?
「けが」とは、外的な要因による損傷の総称のことを言います。通常は、外傷を負うことを「負傷」と言い、外傷を負った者を「負傷者」と呼ばれるものとないます。なお、身体における「擦り傷」「打撲」「打ち身」なども全て同じ解釈になります。また、治療をせず、放置をしておくと、「とびひ」になってしまい、感染症を発症することともなります。


けがの症状
けがとは、別名を、外傷と言います。症状としては、いろいろありますが、鋭利な刃物などにより、傷ができたものや皮膚の表面を傷つけたものなど、軽度から重症まで多岐にわたります。また、摩擦により、擦れた傷も同じです。他には、何らかの要因により、皮膚が2方向に亀裂が入るなどの要因もあり、種類がたくさんあるがいしょうがほとんどです。

けがの原因
けがは特別な事ではなく、普段の生活の中で原因がたくさんありふれています。歩いたり走ったりしている時にころんだり、階段から転落したり、何かに挟まれたりしてもなります。交通事故にあっても軽い場合は擦り傷で済んだりします。擦り傷以外にも球技などを行っている時になる突き指、どこかで打ってなる内出血や、刃物を扱って誤って切ってしまう切り傷などがあります。

けがの検査と診断
一言で「けが」と言っても種類は多く出血性のもの内出血のもの、骨折た脱臼なども含まれます。出血性の応急処置は傷からの病原菌が混入や、感染症などの危険性もあるのでしっかりとした消毒などの処置が必要となります。骨折などは判断が難しく検査方法としては触診で圧痛が生じた場合、骨折部分を固定する必要がります。部分によってはX線撮影をします。

けがの治療方法
けがの治療法は、自宅で出来るものは患部を清潔にする措置を取ることが挙げられます。熱湯消毒、キズテープの添付やガーゼでの保護など、患部に細菌が入るのを阻止します。病院での治療の場合は、包帯やガーゼに薬物を染み込ませて、やはり細菌から守るのが主流です。骨折や打撲などの内部的ダメージの場合は、安静治療のために入院措置が施されることもあります。

けがの初診に適した診療科目

けがの専門外来

けがに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ