筋腫分娩キンシュブンベン

筋腫分娩はどんな病気?
筋腫分娩が起こると、不正出血の為に貧血が起こり失神に至る場合もあります。出血量が多くなる傾向が高いために、輸血をすることが必要になります。緊急手術が必要な場合もありますが、軽度の場合には自然治癒する場合もあり、放置しているために不妊やその他の疾病の原因となることもあるので、早期の婦人科診療が必要です。体質的なものであって、繰り返し起こりやすいために、定期的な検診が望ましいとされます。


筋腫分娩の症状
筋腫分娩とは子宮筋腫の種類の一つで子宮が大きくなって子宮の外へ伸び出る病気で不正出血の症状がみられます。通常では考えられない程の出血です。合併症はなく、あまり痛みが出ることはないので気付かないことが多いです。原因は粘膜下筋腫が茎を持って長く伸び、筋腫結節自体が膣外へ出てしまうからです。体がん検査や心電図、レントゲン、血液検査、尿検査などをして手術をし治療します。

筋腫分娩の原因
筋腫分娩の典型的な原因としては、子宮筋腫の筋腫が子宮口の外に異常に突出してくるもので、分娩をしているような状態になります。この婦人系の疾患は、子宮筋腫のなかでも内側に筋腫ができる割合が多い事が特徴で、子宮の中にできた筋腫に茎がつくことが主な要因です。この病気では、その茎が伸びてきて、子宮の外へ異常に突出することが症状となるものです。

筋腫分娩の検査と診断
筋腫分娩の検査方法は婦人科で行われ提案す。方法は超音波検査、MRI、子宮鏡です。特にMRIによる診断が得られる情報が多く、利用されています。悪性の診断が下されなければ経過観察を行う場合もあります。不正出血がある場合はすぐに婦人科を受診する必要があります。筋腫は早期発見の場合は摘出手術、ひどい場合は子宮全摘出という形になってしまいます。なので年一回婦人科で検診を受けることが理想的です。

筋腫分娩の治療方法
筋腫分娩は、粘膜型筋腫が茎を持って成長する特殊なケースで、初期の場合は様子を見て経過観察する場合もあります。治療法としては薬物投与やホルモン療法によって、茎の成長が食い止められれば問題はありません。ただし月経時、生理過多や不正出血による貧血が激しい場合、膣内へはみ出した茎を切除する手術、あるいは子宮摘出手術によって治療します。

筋腫分娩の初診に適した診療科目

筋腫分娩の専門外来

筋腫分娩に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ