いんきんたむしインキンタムシ

いんきんたむしはどんな病気?
いんきんたむしは、股部白癬とも呼ばれていて白癬菌が陰部やその周辺に感染する病気の事です。足に発生する水虫と一緒の菌ですので、症状は発疹が現れてかゆみを伴います。発生する季節は高温多湿で蒸れやすい夏で、放っておくと四六時中かゆい状態が続きます。症状がわかってからは塗り薬を使うのが一般的で、白癬菌を無くす薬を使えば完治します。

いんきんたむしの症状
いんきんたむしとは、白癬菌という菌が性器周辺に発生した状態のことをいいます。白癬菌とはカビの一種です。症状として、性器周辺にかゆみのあるできものができます。治療法としては、市販の薬を塗る他に、紫外線を当てて殺菌作用を高め、菌の繁殖を抑えるものもあります。この2つを併用すると、早く治すことができます。比較的見つけやすいものなので、早期治療をおすすめします。

いんきんたむしの原因
いんきんたむしの原因は、菌によるものとされています。この菌というのは水虫とまったく同じである白癬菌であり、この白癬菌が陰部やおしりなどで繁殖することによって生じるとされているのです。カビの一種である白癬菌は、水気があるところで繁殖するので、すでに感染している人との間接的な接触、銭湯に行くなどの行動によって連鎖的に感染するとされているのです。

いんきんたむしの検査と診断
いんきんたむしの検査方法とは、まず患部に白癬菌が存在するのかを検査する必要があります。陰部に白癬菌がある場合は皮膚表面の検査で分かります。まず医療用のピンセットで、患部の皮膚組織を少し削り取ります。それを顕微鏡で観察するのです。その時に白癬菌が見つかればはっきりとした病名が下されます。白癬菌は人の目には見えませんので医師による検査が必要になります。

いんきんたむしの治療方法
いんきんたむしは水虫と一緒の白癬菌が原因ですので、治療法は患部へ軟膏を塗る事が一般的です。皮膚科に行く事が一般的ですが、恥ずかしい場合はドラッグストアでも専用の薬が多く売られているので、薬剤師に相談した上で購入する事が出来ます。数日や1週間で治る事は稀で、1カ月以上かけて治療する事が必要ですので、指示通りに薬を塗って通気の良い下着を身につけるようにしましょう。

いんきんたむしの初診に適した診療科目

いんきんたむしの専門外来

いんきんたむしに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ