母斑(あざ)・色素斑(しみ)ボハン(アザ)・シキソハン(シミ)

母斑は普通の皮膚色をした母斑もありますが、何らかの色がついた母斑が多いという特色があります。母斑は生まれつきのあざとはいっても、生まれた時にすでに症状が現れているとは限らず、あとからでてくることもあります。また、色素斑「しみ」と呼ばれているものには、日光性色素斑(老人性色素斑)、肝斑(かんぱん)、雀卵斑(じゃくらんはん)、脂漏(しろう)性角化症など様々な種類がありますが、「あざ」と異なり加齢とともに出現し濃くなって目立ってきます。

母斑(あざ)・色素斑(しみ)の初診に適した診療科目

母斑(あざ)・色素斑(しみ)の専門外来

関連部位から他の病名を探す

母斑(あざ)・色素斑(しみ)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ