agmlエージーエムエル

agmlはどんな病気?
agmlとは、急性胃粘膜病変のことをいいます。突然の上腹部痛や吐血、下血等で発症します。原因は、様々なものが考えられ、主に、精神的・肉体的ストレスやアルコール香辛料の大量摂取などが原因となります。そのほかにも、感染により発症する場合もあります。急性胃粘膜病変の症状がみられる場合には、速やかに内視鏡検査を受けることが唯一の診断方法となります。


agmlの症状
agml:急性胃粘膜病変の症状ですが、発見される初期段階には、急な上腹部痛、膨満感、吐き気、吐血、あるいは下血が発生しするために気づきます。胃や十二指腸に多くの急性潰瘍が発生していたり、急性胃炎が発症するのが特徴です。急激にこのような多くの胃や十二指腸の疾患が複数に渡り発症しますので、急激に具合が悪くなり、食欲不振に陥ります。

agmlの原因
agml(急性胃粘膜病変)の原因はさまざまです。精神的なものから肉体的なもの(おもに手術、外傷、熱症など)の他、ストレス、鎮痛薬などをはじめとする薬物、アルコールや香辛料など、いわゆる刺激物の多量摂取、アニサキス、内視鏡検査によるピロリ菌感染などが挙げられます。また、肝動脈塞栓術や食道静脈瘤硬化療法などの治療によって起こる場合もあります。

agmlの検査と診断
内視鏡(胃カメラ)検査が、検査方法としてあげられます。内視鏡検査によって胃の粘膜を確認し、粘膜がただれていたり赤くなっていたり出血していたりなど、異常が認められた場合、胃痛の原因をagml(急性胃粘膜病変)だと確定できます。速やかに検査を行わないと、タイミングによっては病変がわからなくなることもあるので、注意が必要です。

agmlの治療方法
agmlの治療法の選択には、多種多様に考えられる原因を即座に問診や検査等で調べ、解明されれば、それを速やかに除去します。本症例の治療において基本となるのは、胃・十二指腸潰瘍の治療に基づき、胃酸分泌抑制薬が効果があるため、これをよく用います。また、出血を伴う場合では、内視鏡的止血術などを行います。重篤な合併症などがなければ、基本的に予後は良好です。

agmlの初診に適した診療科目

agmlに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ