一過性黒内障イッカセイコクナイショウ

一過性黒内障はどんな病気?
一過性黒内障は一時的に目が見えなくなる病気で、長くても20分くらいで普段通りの見え方に戻ります。片目が突然、黒いカーテンがおりてくるように見えたり、写真のネガフィルムのような見え方になったり、霧がかかったように見えるなどして、目が見えなくなります。血栓が詰ったり、血圧の変化などで、眼に血流が行かなくなるのが原因です。一過性虚血発作のひとつで、脳梗塞になる警告とされています。


一過性黒内障の症状
一過性黒内障によって生じてくる症状は、片方の目だけが急激に視力の低下を引き起こし、そのような状態が数秒から数分にわたって持続するようなことが挙げられています。このような状態は回復すると正常な視力に戻りますが、このような異変が場合によっては高い頻度で生じてくる場合もあり、この病状の程度には大きな個人差が生じてくるでしょう。

一過性黒内障の原因
一過性黒内障の原因には、動脈硬化があげられます。首の動脈である頚動脈の中が動脈硬化のためにつまり気味になっている場合の血流障害や、狭窄部にできた血液のかたまりがはがれて、目の網膜へ流れる動脈をふさいでしまい血流が途絶えることがあります。また、心臓で不整脈がおこることで血流のばらつきがおこることも理由として考えられます。

一過性黒内障の検査と診断
「一過性黒内障」は、片目の視力が急に低下して、それが数秒から数分、長くて数十分続いた後、症状が回復するものです。これは血栓ができて血管が詰まり、網膜や脳の血流が一時的に止まったためですが、その原因は、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病や動脈硬化による頸動脈疾患で、脳梗塞の前触れとも言われます。そのため、検査方法は、眼科のほか、内科や脳神経外科を受診し、MRI検査などの精密検査が必要となります。

一過性黒内障の治療方法
一過性黒内障の治療法は、運動療法や食事療法、あるいは薬物療法などがあります。一過性である理由を突き止めることが重要で、状況によって治療の仕方はさまざまです。人によって禁煙をしなくてはいけませんし、高血圧の治療を施す必要がある場合もあります。一過性で起きるケースというのは、身体への危険信号である場合が多く、脳卒中、脳梗塞の予防をした方が良い場合があります。

一過性黒内障の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

一過性黒内障に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ