単純ヘルペス (単純疱疹)タンジュンヘルペス

単純ヘルペス (単純疱疹)はどんな病気?
単純ヘルペスは水ぶくれや皮膚のただれ、痛みなどを引き起こす疱疹を発症します。主にくちびるなどの口周り、性器に発症することが多いですが、実は顔や腕など全身に発症するものです。さらに感染力が強いため、家族間での感染例も多くなかなか完治することもありません。特に胎児への感染は他の症状を引き起こす原因ともなるため、注意が必要です。


単純ヘルペス (単純疱疹)の症状
単純ヘルペスは主に顔面、特に口の周囲に症状が表れます。最初は1週間くらいかけて皮膚が赤く変化して、かゆくなったり、ヒリヒリします。その部分に小水疱が出現します。小水疱は数個がかたまりとなり、次第に大きさを増します。その後3週間前後かけて治癒へと進んでいきます。この間にリンパ節などが腫れ、発熱やだるさ、頭痛を伴うことがあります。

単純ヘルペス (単純疱疹)の原因
単純ヘルペスの原因は、人がかかるごくありふれた皮膚の感染症で、ヘルペスウィルスというウィルスが主な感染源となって、人間の皮膚を媒介して人から人へとうつります。ウィルスは1型と2型の2種類のウィルスが存在していて、1型は顔や口などに発生して、口唇ヘルペスなどになり、2型は主に下半身に感染して、性器ヘルペスなどとしてよく知られる二つの病気となってしまいます。

単純ヘルペス (単純疱疹)の検査と診断
「単純ヘルペス」の検査方法は、主に2種類あります。ヘルペスウイルスを検出する方法と、血中のヘルペス抗体を調べる血液検査です。ヘルペスウイルスを検出する方法は少々時間はかかりますが、確実性の高いものです。また、再発型に対する検査としては、薬疹・梅毒・カンジダ症・コンドームやナプキンによる皮膚炎などとの鑑別を必要とします。

単純ヘルペス (単純疱疹)の治療方法
単純ヘルペスの治療法には、ヘルペスウイルスを抑える効果のある塗り薬や飲み薬が効果的です。症状がそれほど重くなかったり、始めて発症したという場合には、薬を使わなくても、自然治癒で2週間ほどで治る場合もあります。しかし、ヘルペスの症状が広がらないようにするためにも、発症したら早めに病院へ行き、薬を処方してもらうのが良いです。

単純ヘルペス (単純疱疹)の初診に適した診療科目

単純ヘルペス (単純疱疹)の専門外来

関連部位から他の病名を探す

単純ヘルペス (単純疱疹)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ