閉塞隅角緑内障ヘイソクグウカクリョクナイショウ

閉塞隅角緑内障はどんな病気?
まず、緑内障を発症メカニズムから分けると、二種類のタイプに分けることができます。その一つが閉塞遇家緑内障です。閉塞隅角緑内障は、眼球を満たしている房水という体液の出口に当たる隅角が、眼球を形成する一部である虹彩という薄い膜によって塞がれてしまうことにより排出が困難になり、房水がたまり眼圧が高くなってしまう症状を指します。


閉塞隅角緑内障の症状
閉塞隅角緑内障には慢性型と急性型の2種類があります。慢性型は、自覚症状がないままに進行していることが多く、中期から末期になって発見されることが多い緑内障です。急性型になると突然眼圧が高くなるため、激しい眼の痛みや充血、眼のかすみ、頭痛や吐き気、嘔吐などが起こります。放置しているとひどい場合は、失明にもなりかねないので定期的な検診が必要です。

閉塞隅角緑内障の原因
閉塞隅角緑内障とは、房水という目を守るものの出口にあたる隅角が虹彩によって塞がれる原因により排出が困難となり房水がたまり眼圧が高くなる病気です。検査と診断は急激な眼圧上昇と隅角検査で閉塞隅角、充血や瞳孔の散大を認めます。治療法はまず始めに点滴や内服薬での治療があり、次に薬物でできるだけ眼圧を下げたあとに排出口を閉じて虹彩にレーザーで穴を開けます。

閉塞隅角緑内障の検査と診断
閉塞隅角緑内障とは、房水と言う液体が流れ出る隅角が狭くなって流れ出にくくなる事により眼圧が上がる緑内障の一種です。検査方法は、眼圧検査、隅角検査、眼底検査、視野検査などが行われます。眼圧検査は目に風を当てて測る方法と、直接測定機器を眼球に触れさせて測る方法があります。隅角検査は点眼麻酔、角膜保護剤を使用して検査用のコンタクトレンズを接触させ、観察します。

閉塞隅角緑内障の治療方法
閉塞隅角緑内障とは、緑内障のタイプの一つで房水の出口にある隅角が虹彩によって塞がり、排出が出来なくなり房水が溜まることで眼圧が高くなる病気です。加齢とともに増加し女性に発症しやすい特徴があります。この病気の治療法は、薬物治療とレーザー治療が一般的です。点滴や内服薬・点眼薬により眼圧を下げた後に、レーザー虹彩切開術を行ないます。レーザー治療の効果がない場合や緊急時は、手術を行う必要があります。

閉塞隅角緑内障の初診に適した診療科目

閉塞隅角緑内障の専門外来

閉塞隅角緑内障に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ