ニコチン中毒ニコチンチュウドク

ニコチン中毒はどんな病気?
ニコチン中毒とは、タバコの中に含まれているニコチンが引き起こす中毒の事です。日常生活の中での習慣的な過度の喫煙が原因とされており、身体的依存性が強いとされています。急性中毒では、精神状態が不安定になったり、嘔吐や頭痛、痙攣などを引き起こす場合もあります。最近では治療対象となる病気とされ、ニコチン依存者に対する禁煙治療も行われています。


ニコチン中毒の症状
ニコチン中毒の症状は、中枢神経の興奮や抑制、また、血管の収縮などの病状が見られます。他にも、偏頭痛や不眠といった病状を感じる場合もあります。中毒が重度になると、性的興奮の減退などというような、性中枢への強い影響も見られるようになります。さらに、中毒の病状の進行により、やがては呼吸器や心臓の麻痺などによって死に至ることもあります。

ニコチン中毒の原因
ニコチンは脳内物質を放出する働きがあるため、タバコを吸いニチコンを摂取することで脳内物質の受容体などが少なくても済んでしまうのです。ニコチンがなくなると、脳内物質が少なくなってしまい、次のタバコを吸おうとしてしまい、脳内物質でコントロールしていたものをニコチンでコントロールするようになってしまう、これがいわゆるニコチン中毒の原因です。

ニコチン中毒の検査と診断
ニコチン中毒検査方法は毛中のニコチン量を測定することで判定することができます。禁煙外来をもけている病院であれば必ずできる検査なのでまずは禁煙外来を開設している病院を探してみましょう。結果は後日に判明しますが、もしニコチンの中毒と判定されてもニコチンパッチなどの禁煙治療を受けることで多くの人が簡単に禁煙することができるのです。

ニコチン中毒の治療方法
ニコチン中毒の治療法で一番効果的なのが、二の腕にパットのようなものを貼る方法です。もちろん、このパットは薬局などでは販売していないため、医療機関を受診して、お医者さんに医学的な治療を受ける必要があります。パットにニコチン成分が含んでいて、皮膚からしみていきます。パットのサイズを段々と小さくすることで、最終的には、治すことができます。

ニコチン中毒の初診に適した診療科目

ニコチン中毒の専門外来

ニコチン中毒に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ