動静脈瘻ドウジョウミャクリュウ

動静脈瘻はどんな病気?
動静脈瘻とは、体循環系や肺循環系、心臓のある部分である冠循環系にみられるもので、毛細血管にいくべき血液がそのまま戻ってくることにより、毛細血管でのガス交換が行われず、栄養の伝達や不純物の排除ができなくなってしまう病気です。この病気を治療するためには、カテーテル治療をやったり、手術をするなど、基本的にはかなり困難な方法を利用するしかありません。


動静脈瘻の症状
動静脈瘻の症状は、足背に起きた場合、動脈血が静脈に流れ込むために、足先が冷え性になってしまいます。さらに悪化すると、熱く感じるようになります。下肢に起きた場合は、静脈が広がり、静脈瘤ができます。また、この静脈瘤により、皮膚の色素沈着や潰瘍が起きることがあります。そして、血管圧が上昇することでリンパが漏れ出すようになり、浮腫ができることもあります。

動静脈瘻の原因
動静脈瘻の原因は、血管に異常ができることであるとされています。血管の異常とは、正常な毛細血管があるのに対して、それらの毛細血管とは別に血管ができて、そこを血液が移動するようになるというものです。この病気の要因とされているのが血圧の変化や、または血中に存在している油のこびりつきなどで、こうした体内における変化が起こることで、経路の短絡が起きるようになるとされています。

動静脈瘻の検査と診断
動静脈瘻の検査方法は、まずは医師の診断が重要になっています。聴診器を当てることによって、機会の音のような特徴的なブランコ音が聞こえますので、この音で診断することが出来るようになっています。さらに詳しい検査を行う場合においては、ドッグラー超音波検査を行います。さらに詳しく調べたい時には、MRI検査を行うことが調べることが出来ます。

動静脈瘻の治療方法
動静脈瘻の治療法 は、程度、短絡量 の大小により、必要があればカテーテル治療や手 術をします。場合により治療が困難な場合もあ ります。 冠動脈の治療には、短絡量の大小、虚血の 有無により、カテーテル治療や手術が行なわれます。 体動静脈場合は、心拍出量 の増大、あるいは動静脈のある部位や臓器の症状が、治療をしなければならないかどうかを判断するポ イントになります。

動静脈瘻の初診に適した診療科目

動静脈瘻の専門外来

動静脈瘻に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ