前頭葉症状ゼントウヨウショウジョウ

前頭葉症状はどんな病気?
前頭葉症状は交通事故や転倒事故などによって前頭葉が損傷を受け、それが引き金になって前頭葉が正常に働くなって現われる症状のことです。前頭葉の働きはそれ単体だけではなく、他の部位と連携して働いているために症状の現れ方が広範囲に及ぶのも特徴のひとつです。注意力の低下、記憶障害、運動障害など症状の幅も広く、人によって現われ方も大きく異なります。


前頭葉症状の症状
前頭葉症状は、ふつう人格の変容というかたちで表にあらわれてきます。そして日常的には無感情だったのに、いきなり感情を爆発させるというかたちで、異常行動が目立つようになるのです。また本人はごくふつうの冗談として何かを言ったりするのですが、それが明らかに失礼な、超えてはいけないラインを超えているものになっていたり、他にもやたらと自慢したりなど、ないかと他人と対立する人格となってしまいます。

前頭葉症状の原因
前頭葉症状の原因はいくつかあります。まず思いつくのは前頭葉に傷がつくこと、人工的にそれをやることをロボトミー手術といいます。他には脳卒中や脳内での出血などもあります。キズ等のもの以外だと、前頭葉のニューロンが活動し過ぎてしまうということがあります。内容によってその先におこる症状は変わっていくようです。思い当たることがあれば気をつけてください。

前頭葉症状の検査と診断
前頭葉症状の検査方法は、この前頭葉のもっている役割が正常に機能しているかどうかの問診や視診によって行われます。言語障害が起きていないかをまずは調べ、次に記憶機能は正常かどうかを調べるために短期的な暗記テストも実施します。それらのテストで良好な結果が得られない場合には、脳内における出血等をチェックするため、CTによる詳細な検査を実施することとなります。

前頭葉症状の治療方法
前頭葉症状に対して行われる治療法と言うのは、必要に応じて薬を使用しながら次第に体を動かすなどのリハビリを行うことです。脳を活性化させるアマンタジンなどの特殊な薬を使い、立ち上がったり歩行の訓練を行います。単に体を動かすだけではなく日記をつけたり買い物をするなどの計画を立て自発的の頭を使うことを促す治療を行うことで改善が見られます。

前頭葉症状の初診に適した診療科目

前頭葉症状に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ