心因性edシンインセイイーディー

心因性edはどんな病気?
勃起障害の中で、機能的には全く問題がないにもかかわらず性交渉の時には勃起できない、もしくは射精まで勃起を継続できない状態の場合、心因性edの可能性があります。原因には過度のストレスや過去の性交渉の際のなんらかのトラウマなどが考えられます。自己処理の場合には問題なく射精でき、性交渉のみうまくいかない場合が多いため、失敗が重なるほどますます悪くなる傾向があります。

心因性edの症状
心因性edとは、心的な要因によって性行為の際の勃起を維持することができない病気のことをいいます。症状としては性交の前は勃起するのですが、いざ挿入すると射精に至る前に勃起を維持することができなくなってしまうことがよくみられます。多くの場合、一度性交の際に起きてしまうと、また勃起が維持できないと思い込んでしまい慢性化してしまうのです。

心因性edの原因
心因性edとは心理的なストレスが原因で引き起こされる病気です。この心理的なストレスには二つ種類があります。まず一つ目が現実心因といって、パートナーのちょっとした一言に傷ついた事や疲れなど、自分で自覚しているストレスです。二つ目は深層心因といって、幼い頃の性的なトラウマ等の自分では自覚していない無意識下のストレスです。主にどちらかのストレスで引き起こされる病気です。

心因性edの検査と診断
心因性edの検査方法としては、まずは心因性であるかどうかなのか、それとも機能性によるものなのか判断することが重要になっています。そのために、心因性であるかどうかを検査するために、生理的勃起機能検査を行う必要があります。生理的勃起機能検査を行うことによって、心因性なのか機能性なのか判断することが出来ますので、検査をしっかり行うことが出来ます。

心因性edの治療方法
心因性edの治療法は、一般的にはストレスを取り除くことです。非常にデリケートな問題なので、確実性のある治療方法はありませんが、カウンセリングや気の持ちようであったり、メンタル面における改善が有効となります。ED用の治療薬を使って、当人に自信を持たせるといった方法もあります。効果は人によって違いますが、高い傾向にはあります。

心因性edの初診に適した診療科目

心因性edの専門外来

心因性edに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ