c型慢性肝炎シーガタマンセイカンエン

c型慢性肝炎はどんな病気?
c型慢性肝炎とは、そのウィルスに感染することによって、肝機能の低下が続く病気です。基本的には半年以上続くものが慢性と呼ばれます。原因としてはC型肝炎ウィルスの感染によるものです。症状としては、慢性的なものに関しては症状がありません。C型肝炎ウィルスに感染した際には、全身のだるさや寒気、食欲不振や吐き気による嘔吐などの症状があります。

c型慢性肝炎の症状
c型慢性肝炎とは、c型肝炎ウイルスに感染し、肝機能障害が持続的に続く病気です。症状ですが、最初の全身倦怠感に引き続き食欲不振、悪心、嘔吐などが現れ、さらに進行し肝硬変になりますと手掌紅斑、クモ上血管腫、女性化乳房、浮腫、腹水、黄疸などが現れます。治療は肝臓がん予防しますことが目的です。治療方法は肝細胞の線維化を遅らせて病気の進展を抑えます治療とウイルス排除を目指します積極的治療に分類されます。

c型慢性肝炎の原因
c型慢性肝炎の原因は、c型肝炎ウイルスによる感染です。感染経路としては、血液と体液です。垂直感染として、c型肝炎ウイルスを持っている母体から胎児への感染があげられます。並行感染としては、輸血や手術などの医療行為によるものや、刺青やピアス装着時の穴あけなどの外傷があります。また、最も多い感染経路は、性交渉による体液、血液感染であるといわれています。

c型慢性肝炎の検査と診断
c型慢性肝炎の検査方法は、採血による検査です。ウイルスマーカーによりc型肝炎ウイルス感染の有無と、ALT、ASTの値で肝炎の状態を調べます。ウイルス感染していてもALTとALSの数値が基準値以下の場合は、定期的な検査をしながらの経過観察となることもあります。また、超音波検査、CTスキャン、MRIスキャンにより肝臓を観察することにより肝臓の病気の進行度を調べます。

c型慢性肝炎の治療方法
c型慢性肝炎の治療法は、インターフェロン療法とリバブリン療法を組み合わせて行なう薬物療法がメインとなってきます。この治療を受ければ多くの場合、肝臓の炎症マーカーの値が低くなることが証明されており、c型肝炎の進行を食い止めることができるのです。保険の適応期間も延びたのでかなり保険でできる範囲が増えて治療が受けやすくなっています。

c型慢性肝炎の初診に適した診療科目

c型慢性肝炎の専門外来

c型慢性肝炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ