急性腎不全キュウセイジンフゼン

急性腎不全はどんな病気?
急性腎不全とは、急性に発症する腎機能低下障害です。急性腎前性腎不全・急性腎性腎不全・急性腎後性腎不全の3種類に分類されます。無尿・乏尿・クレアチニンの上昇が起こり、嘔吐・全身疲労・不整脈・腹痛・錯乱・全身痙攣等の症状も現れます。乏尿・無尿期の後、数日から数週間で利尿期に入りますが、この病気の多数は、適切な治療さえ施せば腎機能は回復します。

急性腎不全の症状
急性腎不全になると、うっ血、全身浮腫がおこります。高血圧や心不全、不整脈などの症状がみられる場合があります。それに排出されるべき尿が体内に溜まる為、食欲低下を招き吐き気やおう吐、貧血などの病状にもなり、やがて意識障害やけいれんなどの重度の病状が表れてきます。また心不全、高カリウム血症、高尿症窒素血症などが認められる場合もあります。

急性腎不全の原因
急性腎不全の原因は障害のある場所によって腎前性、腎性、腎後性の3つに分けられます。腎前性は心筋梗塞や敗血症など、循環障害で腎臓に十分な量の血液が送られないために起こります。腎性は腎臓そのものの病気や薬物の影響で障害が発生します。腎後性は結石や前立腺肥大症、腫瘍などによって尿路が詰まってしまい、尿が体外へ排出されずに起こります。

急性腎不全の検査と診断
急性腎不全の検査方法は、血液検査で行なうことができます。血液検査で血中のBUNとクレアチニンという物質がどれだけ上昇しているかを見ることで、腎臓の機能をみることができるのです。BUNとクレアチニンが上昇してくると億の臓器に悪影響をもたらしますので、人工透析を行なうことでBUNとクレアチニンを下げる必要が出てくるのです。

急性腎不全の治療方法
急性腎不全の治療法は、まず原因となっている病態を改善が優先されます。腎機能が完全に治るまでは、腎不全により破綻した体内の内部環境を維持することが一番大事になってきます。そして進行してしまっている腎不全の場合には、血液浄化治療が必要となります。また薬物治療で臨床上、薬物治療での効果が証明されたものは未だに一つもありません。

急性腎不全の初診に適した診療科目

急性腎不全の専門外来

急性腎不全に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ