ヘルパンギーナ(小児)ヘルパンギーナ(ショウニ)

突然39℃前後の高熱が出て咽頭の口蓋弓部(こうがいきゅうぶ)にそった口腔粘膜に水疱や浅い潰瘍(かいよう)ができます。咽頭の水疱は最初1~2mm大のものが2~3日で5mm以内の黄灰白色の浅い潰瘍に変化します。この水疱がつぶれたり、また潰瘍ができるとのどがしみて、唾液を飲み込むのもつらくなります。体温は年長児より年少児のほうが高くなる傾向があります。

ヘルパンギーナ(小児)の初診に適した診療科目

ヘルパンギーナ(小児)の専門外来

ヘルパンギーナ(小児)の専門医

ヘルパンギーナ(小児)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ