前期破水ゼンキハスイ

前期破水はどんな病気?
前期破水とは、陣痛が始まらないうちに、羊水が外界に出てしまうことを言います。妊娠末期に転んだり、重いものを持つなどして急激に腹圧をかけた時、羊水過多症や、胎児の位置の異常、巨大児、狭骨盤などの原因で卵膜が破れやすくなる時などに見られます。分娩予定日よりもずっと早い時期に起これば早産になり、胎児の感染や胎児ジストスなどを起こす非常に危険な病態です。


前期破水の症状
前期破水とは、陣痛が起こる前に破水が起きてしまう症状のことです。一般的には、臨月の妊婦に起こり、破水後1~2日以内に正常に出産することがほとんどですが、稀に臨月以前の早期に破水が起きてしまうこともあり、この場合は出血を伴うなど母胎の危険を伴うことが多く、緊急を要します。いずれの場合も、破水後は感染症の危険が高まるため、入浴などはせずに速やかに産婦人科を受診し処置を受けることが望まれます。

前期破水の原因
前期破水とは陣痛前に破水をしてしまうことで、早産や胎児の感染、臍帯脱出と胎児ジストレスを引き起こす非常に危険な状態です。原因は卵膜が物理的に破れたり、感染や多治妊娠、羊水加多、性交渉などがありますが、もっとも危険なのが感染です。膣内に病原体を持った筋が繁殖し、膣炎が子宮頚管炎と進行し、絨毛膜羊膜炎と呼ばれる状態になることにより卵膜が破れ破水します。

前期破水の検査と診断
前期破水は強い程度のものであれば明確な自覚症状を伴っている場合が多く、また視覚的にも認知し易いので詳しい検査をせずとも分かりますが、場合によっては自覚症状を感じる事が出来ない事もあります。その様な時の検査方法としては、まず膣内の分泌液を検査し羊水の有無を確認します。また特殊試験紙を用いて酸性度の確認をしアルカリ性の特性を示す羊水の確認を行います。最終的には羊水中に含まれる特殊物質の検出を行います。

前期破水の治療方法
前期破水が起こってしまった場合には、それ自体を治療する方法はありませんが、母体と赤ちゃんの健康のために、子宮内感染を防いで、安全に出産をすることができるようにするための治療を行います。その場合の主な治療法として、膣内洗浄や抗生剤の投与などがあります。感染が進行していたり、胎児の容体が悪化しているような時には、医師の判断で分娩の方向で母体を管理することになります。

前期破水の初診に適した診療科目

前期破水の専門外来

前期破水に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ