踵骨骨折ショウコツコッセツ

踵骨骨折はどんな病気?
踵骨とはかかとの骨のことです。高い所から落ちるたり、足を踏み外すなどかかとに強い衝撃を受ける事で踵骨骨折が起こる事があります。かかとは血行が良く骨が付きやすい部分とされているので、ギブスで固定をすることによって治療を進めることができますが、直接地面接する部分だけに後遺症が残らないように注意深く治療を行う必要があります。


踵骨骨折の症状
踵骨骨折の症状は、踵の腫れや痛みです。足を地面などに強く着いた後に踵や足首にかけて、また踝周辺のはれ痛み、違和感を感じた場合は、骨折している可能性があります。皮下出血が現れることもあるので、痛みや前述した特徴を自覚した場合は、すぐに受診してください。踵の骨は治りにくいので、長期間放置すると、歩行困難になる場合もあります。

踵骨骨折の原因
踵骨骨折の原因は、踵骨に対して過度な衝撃が加わることによって生じるものです。踵骨は。体重を支えるための足の骨です。そのため、体の加重による衝撃を吸収する事ができる構造を持っています。しかし、踵骨が持っている衝撃吸収力以上の衝撃が加わったり、度重なる衝撃を踵骨に対して加えることによって、踵骨が痛み骨折することがあります。

踵骨骨折の検査と診断
踵骨骨折の検査方法は一般的な検査ばかりです。問診、視診、触診の後にX線検査やCT検査などの画像診断を行い、総合的に診察します。骨折がどのような状態になっているのかを調べます。骨折線が関節面に及んでいるか、骨折による関節面や踵の変形の程度を検査します。固定で治る骨折なのか、手術が必要な骨折なのか、迅速に検査する必要があります。

踵骨骨折の治療方法
踵骨骨折の治療法は、ギプスによる固定や整復手術によって行われます。関節面が折れていなければ、ギプスによって固定することによって治療することができます。しかし、関節面が折れている場合においては、そのズレを修復する必要があります。外側から整復する方法や、釘や金属板、ネジによって、骨を本来の位置に固定する手術が必要な場合もあります。

踵骨骨折の初診に適した診療科目

踵骨骨折の専門外来

関連部位から他の病名を探す

踵骨骨折に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ