耳介血腫ジカイケッシュ

耳介血腫はどんな病気?
耳介血腫という病気をご存知ですか。この病気は、柔道やレスリングなどのスポーツ競技において発症しやすい病気で、耳を強く打つなどして耳介(耳たぶ)が腫れあがる病気のことです。初期の場合は冷やすことで治る場合もありますが、耳たぶに溜まった血を注射で抜き、再び腫れないように固定するという治療法が一般的です。何度も繰り返すと硬くなりカリフラワー耳という状態になります。早めに治療をしましょう。


耳介血腫の症状
耳介血腫の症状は、耳介前面の上半分に、青赤色をした腫瘤(こぶ)が突然発生します。打撲などの外部刺激を受けたあと、皮膚の下や軟骨膜の間に、血の塊ができてふくれあがります。自然に体に吸収されることは期待できません。このような血腫を何度も繰り返していくと、やがて皮下組織が瘢痕化や線維化を起こして、かたく変形した耳介になってしまい、外科手術が必要となります。

耳介血腫の原因
耳介血腫の原因は、耳介に対する打撲や摩擦が繰り返されることによるものです。耳介は、皮膚と軟骨の間のクッションの役割をする皮下脂肪が少ないため、刺激が加わると出血してしまい、血塊ができてしまいます。特に、スポーツによって起こり、例えば、柔道、レスリング、相撲、ラグビー、ボクシングを繰り返し行ったときに起こります。選手の人がよく発症します。

耳介血腫の検査と診断
耳介血腫の検査方法は、外的衝撃で、出来たものなのか、まずは問診をし経緯や状況の説明を聞きます。そして、視診によって判断し、状況によっては血腫内の血液を搾取する必要も出てきます。そして、必要性がる場合、血液病理検査を行う場合もあります。また、視診で明らかに耳の状態をも知る必要がある場合には、聴力検査、鼓膜の検査もすることとなります。

耳介血腫の治療方法
耳介血腫の治療法は、結局は血腫そのものを無くすという方向での施術以外に方法はありません。なので、普通は血液を抜いていくのですが、そうした血液を抜くという作業だけでは問題が解決しないという場合があります。そのようなときには、形成手術を行い、内部における血抜きをよりやりやすくするか、または血腫そのものを全部取り出してしまうという方法が利用されています。

耳介血腫の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

耳介血腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ