眼瞼黄色腫ガンケンオウショクシュ

眼瞼黄色腫はどんな病気?
眼瞼黄色腫はまぶたのコレステロール沈着であり、アテローム同様にコレステロールを吸収し、泡沫細胞として存在するマクロファージから構成されています。研究によると、この症状は虚血性心疾患や心筋梗塞の予測因子となるとされています。また、この症状をもつ人の50%は血中脂質濃度が正常であることから、アテローム性動脈硬化症の重要な予測因子ともなり得ると考察されています。


眼瞼黄色腫の症状
眼瞼黄色腫の症状とは、高脂血症、高リポタンパク血漿などによる合併症の一つです。眼瞼すなわち上まぶたの目頭の皮膚表面に起こる動脈硬化のような状態で、黄色みを帯びたようなしこりの部分が生じてしまいます。アキレス腱などの全身の皮膚表面にも起きますが、血漿のリポタンパクが皮膚の表面を黄色く変化させ扁平の結節のような状態となります。

眼瞼黄色腫の原因
眼瞼黄色腫とは、眼のまぶたに脂肪の黄色い塊ができた状態をいいます。血液中の脂質レベルが高いことが原因となって、皮膚に漏れた脂肪のが組織化して、泡沫細胞として眼のまぶたに存在しているのです。もし、高脂血症の方がこのような状態になった場合、虚血性心疾患や心筋梗塞の可能性がありますので、循環器内科といった専門医への受診をオススメします。

眼瞼黄色腫の検査と診断
眼瞼黄色腫の検査方法は、まずは血液検査を実施するということをやります。血液のなかにどれくらいの脂質が混じっているのか、というところを検査していくのです。とくに中性脂肪やコレステロールのようなものがあれば、これらが原因となって動脈硬化などの疾病がないかどうかもまたチェックするのです。基本的に、この病気は血液の検査で白黒がはっきりします。

眼瞼黄色腫の治療方法
眼瞼黄色腫瘍の治療法には、炭酸ガスレーザー治療の方法があります。この治療は、患部に局所麻酔を行なった後、炭酸ガスレーザーを黄色腫に照射し、組織を切開、蒸散する方法です。治療時間は数分程度で済み、痛みも少ないため当日から洗顔も可能です。レーザー治療の後は自宅で軟膏治療を行うと、徐々に腫れや赤みが取れ目立たない傷跡になっていきます。

眼瞼黄色腫の初診に適した診療科目

眼瞼黄色腫の専門外来

関連部位から他の病名を探す

眼瞼黄色腫に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ