パチンコ依存パチンコイゾン

パチンコ依存はどんな病気?
パチンコ依存症とはキャンブル依存症の一種で、何をしていてもパチンコのばかりの事を考え、毎日パチンコ店に通ってしまう症状です。日本には1000万人のパチンコユーザーがいますが、その中の何割かはこの症状を発症しています。中には自分の生活を犠牲にしてパチンコに熱中してしまう人もいるくらい怖い依存症なのです。完治までは長い期間を要します。


パチンコ依存の症状
パチンコ依存の症状は精神疾患の一つであり、仮に生活費に困窮していたり家族に多くの迷惑がかかっている状態であってもパチンコをしてしまう状態にあります。おなかがかなりすいている時でもパチンコを優先してしまう・負けた金を取り戻そうとする・借金をしてしまっている・他の人間の忠告を全く受け入れない場合等も深刻な依存の可能性があります。

パチンコ依存の原因
パチンコ依存の原因は、時間の制限がなくパチンコを続けられる環境にある人や、誰も強制的に止める人がいない環境があること等といわれていますが、最近では依存症になりやすい性格の人がいるという事もわかってきました。何でものめり込みやすい人の他にも、自分の生活上で何かがうまくいっていない人や、人との繋がりを強く求めている人は、心の隙間を埋めるようにパチンコに没頭してしまうといわれています。

パチンコ依存の検査と診断
パチンコ依存症の検査方法は特にありませんが、診断する基準としていくつかの検査項目があります。例えば、いつもパチンコのことばかりを考えているか、パチンコで成功したいがために不正行為に手を出すことがあるか、家族などに嘘をつきパチンコ問題を隠そうとするか、などをチェックすることが依存しているかどうかを判断するためには必要です。

パチンコ依存の治療方法
パチンコ依存の治療法の中で一番効果的なのは、パチンコ以上に熱中できる趣味を持つことです。そちらにハマることができれば、自然とパチンコをしたいと思う心は薄れていきます。ただパチンコの依存とは中々頭から離れてくれないものです。他の趣味を持たせるためには周りの協力も必要になります。みんなで本人が熱中できる趣味を探してあげると良いです。

パチンコ依存の初診に適した診療科目

パチンコ依存に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ