糖尿病神経障害トウニョウビョウシンケイショウガイ

糖尿病神経障害はどんな病気?
高血糖が続くことで、神経の変性や毛細血管の血流の低下が起き、それにより糖尿病神経障害を発症します。症状としては発汗や泌尿器障害、男性では勃起不全といった生殖器障害もありますが、一番起こりやすいものは手や足の先のしびれ・痛みです。これは放置しておくと壊疽を起こし、切断が必要となります。血糖値を良好に保つために、積極的に食事療法・運動療法を行うことが大切です。


糖尿病神経障害の症状
糖尿病神経障害は、長期にわたり高血糖が続くと起こる合併症の一つです。糖尿病の症状である口の渇きが起き、それによる多飲、多尿が起こります。また、体重減少のほかに、神経障害の一種である足のしびれや疼痛も起こります。それらがさらに進行すると、自律神経障害から壊疽という体組織の腐敗が起き、最終的には突然死のおそれもあり、大変危険です。

糖尿病神経障害の原因
糖尿病神経障害が起こる原因はいまだはっきりしていませんが、主に糖尿病による高血糖が理由として挙げられるほか、神経栄養因子や遺伝的素因が関連していると考えられています。高血糖の状態が続くと、ソルビトールが神経細胞に蓄積し、ポリオール代謝異常を起こし神経に害を与えます。また、高血糖により細小血管が閉塞することで血流が悪くなり、神経細胞の活動に必要な酸素や栄養が行き渡らなくなると障害が起こります。

糖尿病神経障害の検査と診断
糖尿病神経障害を検査するためには、それが疑われる部位によって異なった検査方法を採用します。糖尿病に伴う神経障害は、全身の様々なところに発言する可能性があるため、その場所によって確認の方法が異なるのです。糖尿病において一般的によく見られる合併症である神経障害は、例えば四肢の触覚異常などがあります。これは患者の四肢に触れて、それを感じ取ることができるかどうかによって判断できます。

糖尿病神経障害の治療方法
糖尿病神経障害に伴う痛み、痺れは糖尿病の合併症です。まずは糖尿病をそれ以上進行させないように食事療法や運動療法で血糖値をコントロールすることが基本になりますが、神経障害の治療法には、薬物療法が用いられ、神経障害を引き起こしている「アルドース還元酵素」の働きを抑える「アルドース還元酵素阻害薬」の服用を行い、症状を抑制します。

糖尿病神経障害の初診に適した診療科目

糖尿病神経障害の専門外来

糖尿病神経障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ