出べそデベソ

出べそはどんな病気?
出べそとはおへそがお腹より突き出ている状態のことで一般に生まれたときのへその緒の処理の状態やその後の体型の変化に伴って形作られていくものです。少しの出方ならまだ気にするかたは少ないですが、あまりにも出ていると生活をしていても不便です。ですから手術で治す場合もあります。おへそのシワをあまり触るとお腹が痛くなるように敏感な部分ですから、気になるかたは病院へ行きましょう。


出べその症状
出べそは臍ヘルニアとも言われ、おへそが膨らんでいる状態のことです。新生児では、泣くと出てくる場合があり、ぐじゅぐじゅしていて、押すとお腹の中に戻ります。この症状は、自然に治るものなので、特に治療はいらず、しばらく見守ります。3ヵ月くらいで通常のようになります。1歳頃まで続くようであれば、小児科を受診し、手術を行います。

出べその原因
出べその主な原因は、臍ヘルニアです。これは腸が臍の内側で押し出ている状態です。そして、産まれて臍帯を切った後、通常であれば残った臍は皮膚や筋肉にくっつき凹んだ状態になりますが、くっつかずに切り口が開いたままになると、へそが出てしまいます。そこからヘルニアになることもあります。また、妊娠時は皆、一時的にお臍が押し出されますが、出産後も戻らないという事もあります。

出べその検査と診断
出べその検査方法とは何なのでしょうか。一般的に、それは、例えば小学生の間で悪口や嘲笑の対象となることがあるのですが、それほど目で見て症状がわかるものなのです。症状、という言い方は、それが特に重大な病気だというわけではないので、不適切な表現になりますが、どちらにしても、医師にへそを見せることにより、医学的正式的にそれだと判断されます。

出べその治療方法
手術以外の治療法として、スポンジ圧迫法があります。医療用のスポンジをおへそのサイズに合わせて切り、テープで、圧迫固定をする方法です。出べそを治す自然治癒力を高める治療のため、一般的に生まれてから6ヶ月ぐらいまでにすることをすすめています。効果はひとそれぞれ個人差がありますが、1週間ぐらいたったぐらいから効果が見られます。

出べその初診に適した診療科目

出べそに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ