接触皮膚炎セッショクヒフエン

接触皮膚炎はどんな病気?
接触皮膚炎とは物質と接触する事が原因で発症する皮膚炎です。毛虫等の毒のある虫や、かぶれる成分のある花や木に触れてかぶれ、湿疹等を引き起こします。これは接触して直ぐに症状が現れます。痒みや、痛みとともに皮膚に炎症が起きるのです。これは金属アレルギーの場合もそうです。金属が皮膚に直接触れる事でアレルギー症状が出てしまうのです。


接触皮膚炎の症状
接触皮膚炎の場合は、一般的なアレルギー性の皮膚炎と同じような症状を示すことが多いと言われています。その原因がなんであるかによって多少異なりますが、典型的なものとして、皮膚が赤みがかったり、炎症がおこったり、場合によっては多少の腫れが生じたりすることもあります。またその炎症に伴って、かゆみを感じるような場合も多いようです。

接触皮膚炎の原因
接触皮膚炎は、毒性を持つ物質に接触することで接触面が炎症を起こす「刺激性」のものと、アレルギー体質の人が特定物質に触れることにより、皮膚炎を起こす「アレルギー性」の2種類があります。一時刺激性は、酸度、アルカリ度の高い物を原因とし起こる事が多く、例え弱い濃度であっても長時間触れていることにより発症することがあります。アレルギー性は体質によりますが、金属類や香料などは発症する人が多い物質です。

接触皮膚炎の検査と診断
接触皮膚炎の原因を探るにはアレルギー反応を起こす抗原を特定しなければなりません。それには患者から詳しく問診を行いアレルギー抗原の特定を進める一方、その疑いのある物質を予め幾つかピックアップしておきパッチテストを実施します。パッチテストとはアレルギー抗原としての疑いのある物質を検査用絆創膏で患者の皮膚に貼りつけ48時間放置しその反応を見る検査方法です。

接触皮膚炎の治療方法
接触皮膚炎の治療法は、炎症の原因となる物質に接触しないことです。そのため、皮膚炎の原因となる物質の特定と原因物質が使われていない代替品への交換が必要です。また、皮膚炎の症状を抑えるために、ステロイドの外用薬や、抗ヒスタミン薬を用います。皮膚の炎症の症状が強く、また広い範囲に及ぶ場合には、内服用のステロイド薬を用います。

接触皮膚炎の初診に適した診療科目

接触皮膚炎の専門外来

接触皮膚炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ