急性胆嚢炎キュセイタンノウエン

急性胆嚢炎はどんな病気?
急性胆嚢炎の症状は、肋骨の下端の痛みやみずおちの痛みがあります。痛みは持続的であり、胆石発作と同様に右肩や背部に放散するのが特徴です。38度以上の発熱や吐き気、嘔吐などを伴うこと多くあります。シャルコーの3微(発熱、疼痛、黄疸)があれば診断は容易ですが、意識障害や乏尿(尿がでなくなる)がみられればレイノーの5微といわれ、急性閉塞性化膿胆管炎の合併が疑われます。


急性胆嚢炎の症状
急性胆嚢炎の症状として、胆道に異常が発生した場合に起こる病気です。胆道の流れが悪い時に起こりやすくなります。胆道という肝臓で作られた胆汁が十二指腸に流れる通り道があり、その胆道に感染症が引き起こされた際の病気です。発熱と体の節々に痛みが走ります。激痛により、腹部全体が硬直する場合があります。そうなると、胆嚢が破れ腹膜炎を起こしてしまうので注意しましょう。

急性胆嚢炎の原因
急性胆嚢炎の原因としては考えられているのは胆石が胆管に蓄積し、閉塞することによって起こる炎症です。90パーセント近くがこれに該当すると言われています。つまり、胆石を所持している患者が発症することが多い病気と言えるでしょう。また、一説にはタバコが影響しているとも言われています。中には胆石とは関係なく、細菌感染で起こる場合もあります。

急性胆嚢炎の検査と診断
急性胆嚢炎の検査方法は、血液と尿検査です。血液検査では、総コレステロール値が上昇していないか、総ビリルビン(胆汁と共に排出される老廃物)が増加していないか、r-GTP(肝内胆管で作られている酵素)が上昇していないか、アルカリホスファターゼ(胆管で作られている酵素)が上昇していないかをチェックします。尿検査では、尿ビリルビンが陽性反応を示していないかを見ます。

急性胆嚢炎の治療方法
急性胆嚢炎はその炎症に応じていくつかの治療法に別れ、抗生物質での治療をする方法、胆嚢に針を刺し感染した胆汁を抜く方法、胆嚢を手術で取る方法がありますが、原則として手術で摘出を前提とした初期治療が行われます。何故ならば患者の約90パーセントは胆石を持っており、治療で改善しても一時的であり、再発する恐れがあるためです。また発症時に行う場合と、炎症がある程度落ち着いてから行う場合があります。

急性胆嚢炎の初診に適した診療科目

急性胆嚢炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ