アルコール依存アルコールイゾン

アルコール依存はどんな病気?
誰もが知っているように、シガレットを止められない人々は、ニコチン中毒、と言われています。アルコールの依存症とは、その、ニコチン中毒がアルコールバージョンだということです。身体がアルコールを欲しがり、また、一種の中毒なので、アルコールがなければ、精神的に、安定できなくなっている状態です。最近では、家族、友達にも言えない、様々な悩みから、主婦の間でのアルコール依存症が増えています。


アルコール依存の症状
飲酒によってなる依存症で、血液の中に入ったエタノールが分解されずに蓄積される事によってアルコール依存症になります。男性より女性の方が依存症になる確率が高く、女性の場合男性よりも体格が小さく血液量も少なく、また脂肪分が多い為にエタノールが溶けにくい。精神疾患や肝疾患、合併症やアルコールによる認知症の誘発が症状となり、依存症は完全にアルコールを絶たなくてはいけないが、再発も多い。

アルコール依存の原因
アルコール依存になる原因には様々なものが上げられます。日常のストレスや慢性的な気持ちの落ち込み、不規則な生活環境、飲酒を開始した年齢、そして体質や遺伝などによって引き起こされます。また、否認の病気と言われるほど本人が自覚することの難しい依存であるため、継続的な飲酒を意識的無意識的に自ら望んで行ってしまうことが依存の大きな要因となっています。

アルコール依存の検査と診断
自分がアルコール依存かどうかを確認するためには、インターネットに掲載されている「KAST」などのテストを行ってみるという検査方法があります。大きく、飲酒に人間関係や自分の生活がどれ程影響されているのかを検査するものです。ただし、一人でやろうとすると、どうしても主観的にならざるを得ないところがあるので、知人や家族と一緒に行うことが推奨されています。

アルコール依存の治療方法
アルコール依存の治療法は、いまのところは完璧なものとなると、まだ存在していないということがいえます。根本的な部分をきちんと改善するためには、結局はお酒を断つという断酒行為以外にないのです。一応、治療薬の開発は進められてはいますし、治療薬らしきものはあるのですが、それはまだ発売されたばかりで、本当に効果があるかどうかは不明なところが多くなっています。

アルコール依存の初診に適した診療科目

アルコール依存に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ