野球肩ヤキュウカタ

野球肩はどんな病気?
野球肩とは、野球ボールを投げられなくなるほど肩に痛みがでて、それまでのプレーができなくなるような病気です。原因は様々ですか、名前の通り野球などによるボールの投げすぎや、間違ったフォームによる肩への負担が挙げられます。軽視していると選手生命を脅かすまで悪化する恐れがあるので、痛みを感じたら適切なケアをしなければいけないのです。


野球肩の症状
野球肩の症状は肩に痛みや炎症が出てきます。腕を回したりするだけでも違和感を感じるようになったり、肩の関節に鈍い痛みを感じるのも特徴的です。酷くなると少し腕を動かすだけで肩が痛むようになるので腕を動かすことができません。初期段階ではほとんど痛みを感じませんが、進行すると痛みも増して肩を動かすことさえ難しくなっていきます。

野球肩の原因
野球肩の原因は、野球でボールの投げすぎと自分に合わないフォームで投げていると罹患する可能性が高くなります。特に投手をやっている場合は、無理をして投げ続けてしまう場合がありますが、肩に疲労が溜まりますので最悪の場合は炎症を起こしてしまい、野球が出来ない肩になってしまう可能性もあります。自分に合わないフォームは、自己流の無理がある体制で投げていると肩に負荷がかかるので、痛みが発生する事があります。

野球肩の検査と診断
野球肩の検査方法は肩の可動範囲を記録し、可動範囲が狭くなり痛みを感じなかったところに痛みを感じるようになると確定です。肩が動いても痛みを感じない場所が減少していると肩周辺のインナーマッスルを調べ炎症がないか調べます。肩周辺のインナーマッスルの状態と肩周辺の骨の状態と痛みを感じず動かせる腕の可動範囲を調べ総合的に判断をします。

野球肩の治療方法
野球肩を治療するためには、まず患者が現在行っているスポーツや活動等から休ませることにあります。そして、その肩を冷やし(アイシングと言います)、肩の筋肉の柔軟運動をさせ(ストレッチング)、特定の筋肉を動かすトレーニングや、肩が炎症しているのでそのための鎮痛薬の注射などが行われています。場合によっては、手術を行う治療法もあります。

野球肩の初診に適した診療科目

野球肩の専門外来

関連部位から他の病名を探す

野球肩に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ