ホルモン耐性前立腺ガンホルモンタイセイゼンリツセンガン

前立腺は男性ホルモンの命令で精液をつくるところで、前立腺ガンは男性ホルモンの影響を受けて増殖する性格をもったままガン化するものがほとんどです。しかし、なかには悪性度が強くホルモン療法が効かないガンもあります。 ホルモン療法を開始してもPSA(前立腺抗原)値がまったく下がらず、排尿困難や骨転移による腰痛などが悪化する場合と、一旦はPSA値が下降するものの、2年程度でホルモン療法の効果が弱まり、PSA値が再上昇し前立腺再腫大による排尿困難の再燃、新たな転移の出現などが起こる場合とがあります。

ホルモン耐性前立腺ガンの初診に適した診療科目

ホルモン耐性前立腺ガンの専門外来

ホルモン耐性前立腺ガンの専門医

ホルモン耐性前立腺ガンに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ