センチネルリンパ節センチネルリンパセツ

センチネルリンパ節はどんな病気?
センチネルリンパ節とは、見張りリンパ節とも呼ばれ悪性腫瘍病巣などから流れ出たリンパ液が最初に入り込むリンパ節のことです。乳がんの一部は乳房周辺のリンパ節を通って全身に拡がるため、乳がんが最初に流れ着くこのリンパ節へのがんの転移の有無でその他のリンパ節郭清手術を行うかどうかを判断することが出来ます。リンパ節郭清手術の省略は術後の後遺症を抑えるのに役立ちます。


センチネルリンパ節の症状
乳がんの転移先として一般的に知られているセンチネルリンパ節ですが、ここに乳がんが転移すると腕やわきの下などがひきつったり、つっぱったりするようなことがあります。また、ときには痛みや違和感などを感じるようなこともあるようです。場合によっては自覚できるほど大きくなることもありますので、これらの症状がある程度の転移の目安にできます。

センチネルリンパ節の原因
センチネルリンパ節ができる原因は、体内にできた悪性腫瘍がリンパの流れによって最初に到達したときに発生するリンパ節のことです。ここはがんを発見するのに重要な場所になります。この場所は簡単に言うとリンパ節の入り口です。ここにがんが発生していた場合、体内のリンパ節に転移している可能性があります。悪性腫瘍があるかもしれないと言われたら、これにも気を付ける必要があります。

センチネルリンパ節の検査と診断
センチネルリンパ節の検査方法は、主に胸に注射をして行います。注射により、青い色を着けて切除を行います。この病気は、ガンの転移により、疑われる病気です。なので、検査をするときには、ガンの摘出と一緒におこなうので、手術をしながら、検査をして、その場で分かるような形になります。なので、何度も摘出手術をすることはないので、とても効率的です。

センチネルリンパ節の治療方法
乳がんなどはリンパ節のリンパ管を通じて全身に広がり、最初に行きつくのがセンチネルリンパ節であり、生検によりここにがんの転移がなければそれ以上のリンパ節を切除しなくてもよくなります。この生検により乳がん等に関する治療法においてリンパ節郭清を省略することができ、患者の負担を軽減できるなどのメリットがあります。しかし偽陰性ということもある程度あるのでその場合にはリンパ節の転移を見逃すこともあります。

センチネルリンパ節の初診に適した診療科目

センチネルリンパ節の専門外来

関連部位から他の病名を探す

センチネルリンパ節に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ