スポーツ障害スポーツショウガイ

スポーツ障害はどんな病気?
スポーツ障害とは、体の一部分に継続的にある一定の負担が加わわった為に起こる障害や症状の事です。長期的に同じスポーツを継続して行う事や体の一部分を使いすぎる事が原因とされています。捻挫や打撲、疲労骨折もそのひとつで、骨の同じ部分に繰り返し強い負担が掛かることで通常は骨折にならないような力でも最終的に骨折の症状が起こることがあります。


スポーツ障害の症状
スポーツ障害は、運動前のウォーミングアップを十分に行わなかったり、運動のしすぎや、無理な運動をしすぎたことによって起こります。具体的な症状名としては、野球肘やテニス肘、膝蓋靭帯炎などがあります。野球肘は、ボールを曲げる際に肘にひねりなどの負担をかけることによっておきます。テニス肘も、腕の使いすぎによっておきます。どちらも、主に身体の使いすぎによって起こるものなので、身体は大切に扱うことが必要です。

スポーツ障害の原因
スポーツ障害の原因には主に6つの理由が挙げられます。一つ目は靴などの用具が悪いときに起きます。二つ目はコートや路面などのスポーツ環境が悪いときです。三つ目は、身体の手入れが悪いときです。四つ目は、身体の使い方が悪い場合です。例えば、ボールの投げ方が悪い場合です。五つ目はもともと身体の構造が異常なときです。六つ目は、練習内容が多すぎることや悪いことです。

スポーツ障害の検査と診断
スポーツ障害の検査方法です。この障害では、骨を検査しますが、必ずしも診断がなされるというわけではないのです。なぜなら、ここでは疲労骨折が問題となりますが、単純X線写真では、その初期症状を発見することができないからです。なので、医師は、普通定期的にX線撮影を行って様子を見ます。その他には、骨シンチグラフィやMRI検査が有効です。

スポーツ障害の治療方法
スポーツをすることで起こる障害や外傷であるスポーツ障害は、長期にわたって同じスポーツをし続けることで一定の体の部位に負荷がかかり過ぎたり、使い過ぎであるためその治療法も様々なのです。例えば、疲労骨折であればギブスなどの使用により、一定期間固定することが一般的な治療方法です。症状がひどい場合、どの障害も手術によって治療することもあります。

スポーツ障害の初診に適した診療科目

スポーツ障害の専門外来

スポーツ障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ