包茎ホウケイ

陰茎の亀頭が包皮により被い隠されている状態で、「皮かむり」などともいい、高い頻度でみられ、またいろいろな症状を伴います。包皮の先端の輪が狭く、亀頭を露出させることができない場合を真性包茎、包皮を反転させることにより亀頭を露出できる場合を仮性包茎といいます。真性包茎で、とくに包皮の出口が非常に狭く排尿に支障をきたす場合は、乳幼児でも手術が必要です。亀頭と包皮の間にアカがたまり、そこに感染を起こして陰茎の先端が赤く腫れあがり、排尿時に痛むような場合にも、幼児期に手術が必要です。仮性包茎でも、包皮の出口の輪が狭い場合は、亀頭を露出したままの状態に放置すると、陰茎の先端がこの輪によって締めつけられ、血液循環が悪くなって、むくんでしまい、元に戻せなくなること(嵌頓〈かんとん〉包茎)があるので、手術を受けたほうが安心です。

包茎の初診に適した診療科目

包茎の専門外来

包茎の専門医

包茎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ