クルーゾン病クルーゾンビョウ

クルーゾン病はどんな病気?
遺伝が原因として考えられている先天性の異常疾患で、別名クルーゾン症候群、頭蓋顔面異骨症などと呼ばれます。乳児の頭蓋骨は何枚かに分かれていて、成長し脳が発達するのに合わせて頭蓋骨も拡大していきます。そして成人になると癒合します。この癒合する部分が通常よりも早い時期に癒合し、形成不全が生じるのがクルーゾン病です。眼球突出、気道狭窄など様々な症状がみられます。また脳が圧迫され障害が生じることもあります。


クルーゾン病の症状
クルーゾン病は遺伝性の疾病で、頭蓋早期融合障害の一つとされています。症状は、普通赤ちゃんの頭蓋は生まれた時に融合し切らないで、どんどん脳の発育とともに頭が大きくなるところが、この病の赤ちゃんは脳が発育することが出来ないのです。そのために脳の骨も発育出来なくて顔面奇形や、頭蓋奇形が起きてしまうのです。治療しないで成人してしますと、眼球突出などの奇形にもなる恐れがあります。

クルーゾン病の原因
クルーゾン病とは、遺伝が原因とされている先天性の異常疾患です。 生まれ付き、頭や顔、あご、手足の異常 があります。 の主な症状として、頭蓋骨縫合早期癒合症 が挙げられます。乳幼児の頭の形がおかしいと心配なときは、小児脳神経外科などの専門 医を受診します。 症状には、軽いものから重いものまであり、形成外科 などのほか、循 環、感覚器、心理精神、遺伝な ど多くの領域に渡る全身管理を必要とします。

クルーゾン病の検査と診断
クルーゾン病とは狭頭症の一つです。幼少期に頭蓋骨の縫合が早く癒合されてしまうことによって、頭蓋や顔面などに尖頭や上顎発育不全や眼球突出などの変形が生じるものです。先天性の疾患であり、症候性頭蓋縫合早期癒合症として難病に指定されております。検査方法は、そういった症状が出た場合に医師に相談する事が一番です。治療法は外科手術が施されます。

クルーゾン病の治療方法
病気で歪んだ顔を治すための整形手術を受けることで、顔の骨の形を整えてクルーゾン病を治すことが出来ます。顔の形の歪みを予防するための手術で再発を防ぐ事が出来ます。顔にプレートを入れて、顔の形を整える治療法もあります。プレートを入れる方法だと、体へ負担をかける事がありません。それに手頃な料金で治療を済ませることができます。

クルーゾン病の初診に適した診療科目

クルーゾン病の専門外来

クルーゾン病に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ