免疫寛容メンエキカンヨウ

免疫寛容はどんな病気?
免疫寛容は、特定抗原に対する特異的免疫反応の欠如あるいは抑制状態のことを示します。簡単に説明すると、抗原に対して免疫反応が起こらない状態を創り上げることを言います。免疫細胞が過剰反応するのを防ぐ治療によって花粉症やアレルギー症状、臓器移植の根本的治癒に役立つとされ、食物アレルギーの場合、アレルギーの食物とアルファ・ギャルセル混ぜたものを投与することにより、アレルギーが収まることが証明されています。

免疫寛容の症状
免疫はウイルスや細菌といった外敵を攻撃するメカニズムです。これが外敵ではなく、自分の健康な細胞を破壊する場合があります。免疫寛容はこのような免疫の自己破壊活動が起こらない状態を作っていきます。よって症状としましては、免疫が外部からの侵入者を「味方」と判断し、花粉症などの病状が和らいだり、b型肝炎の進行が抑えられたりします。

免疫寛容の原因
免疫寛容は、それ自体では何ら悪いことはありません。母親の身体の細胞が胎児を攻撃せず、お腹の中に入れておけるのは、それによる緩和があるためなのです。しかし、これが間接的な原因として子供が発病するということはあります。子供の免疫が強くない頃、つまりこの寛容さがある時期に、ウイルスが侵入し、後に免疫機能が発達するとそのウイルスと衝突しあって具合が悪くなるということがあります。

免疫寛容の検査と診断
免疫寛容の検査方法としましては、まずは血液検査を行うことによって、調べることが出来るようになっています。基本的には血液検査で検査する方法が主流となっていますので、その他に検査をする方法が採用されることはありません。血液検査を行なった際には、医師がしっかりと血液検査で出た数値を見るようにして、間違いのない診断を行う必要があります。

免疫寛容の治療方法
免疫寛容と呼ばれる画期的な治療法は免疫細胞を抑制することが出来ます。免疫細胞とは体の中に異物が進入したりすると、それに反応して攻撃し活動をやめさせる組織です。しかし、それがあだとなってアレルギーなどの症状を起こします。これがかえって病気を悪化させ人間を死に至らしめることも沢山あるのです。この免疫細胞が必要ではない時に抑制させることによって、大変便利になります。

免疫寛容の初診に適した診療科目

免疫寛容の専門外来

免疫寛容に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ